建設マネジメント研究論文集
Online ISSN : 1884-8311
ISSN-L : 1884-8311
公共工事における総合評価方式の実施を通じた効果と改善策に関する考察
堤 達也溝口 宏樹毛利 淳二
著者情報
ジャーナル フリー

2008 年 15 巻 p. 313-324

詳細
抄録

近年、公共工事の総合評価方式は、飛躍的に適用が拡大しており、平成19年度は国土交通省のほぼすべての工事の発注を総合評価方式で実施するに至っている。
本稿では、国土交通省の公共工事における総合評価方式について、平成19年度上半期までの実施状況を踏まえ、総合評価方式の効果を検証し、一定の効果が見られることを確認した。また、総合評価方式をより適切に運用していくための主な検討課題を整理し、今後の改善に向けて、総合評価方式のタイプ選定や課題設定、評価の考え方及び手続きの効率化方策等について提案を行った。

著者関連情報
© 社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top