環境システム研究論文集
Online ISSN : 1884-8125
Print ISSN : 1345-9597
一の坂川ホタル護岸の有効性調査
宮本 和雄関根 雅彦樋口 隆哉浮田 正夫
著者情報
ジャーナル フリー

2000 年 28 巻 p. 339-345

詳細
抄録

ホタル護岸が実際にホタルの生息、繁殖にどの程度貢献しているのか、また、低水敷、河川形態、日当たりなどの要因のホタルの生息、繁殖に与える影響や重要度は、現在のところ明らかにされていない。そこで、ホタル護岸が採用されている山口市を流れる一の坂川において実態調査を行った。その結果、一の坂川ではゲンジボタルの踊化場所として、低水敷が多く利用されていたが、ホタル護岸も有効であることが確認された。

著者関連情報
© 社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top