理学療法科学
Online ISSN : 2434-2807
Print ISSN : 1341-1667
原 著
スパイナルマウスを用いた小学生の立位姿勢の評価
─胸椎の過度後弯に着目して─
小山 浩司古島 弘三菅野 好規新津 あずさ小太刀 友夏新納 宗輔上野 真由美高橋 英司足立 和隆
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2022 年 37 巻 4 号 p. 413-418

詳細
抄録

〔目的〕小学生の胸椎過度後弯の割合とその特徴を明らかにした.〔対象と方法〕小学生83名において,スパイナルマウスを用いて立位での胸椎後弯,腰椎前弯,仙骨傾斜の各角度を測定した.胸椎後弯角40°を基準として,これより大きい過度後弯群と小さい正常後弯群に分け,比較検討した.〔結果〕小学生の約30%に胸椎の過度後弯がみられた.過度後弯群は,正常後弯群に対し,胸椎後弯角(上位胸椎,下位胸椎),腰椎前弯角において有意に大きな弯曲を示し,過度後弯群では上位胸椎が下位胸椎に比べ有意に弯曲度が大きかった.また,両群ともに腰椎前弯角と仙骨傾斜角に強い負の相関関係を認めた.〔結語〕胸椎の過度後弯を呈する小学生の割合は約30%であり,その特徴として上位胸椎の弯曲が大きい可能性が示唆された.

著者関連情報
© 2022 by the Society of Physical Therapy Science

この記事はクリエイティブ・コモンズ [表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際]ライセンスの下に提供されています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/4.0/deed.ja
前の記事 次の記事
feedback
Top