レコード・マネジメント
Online ISSN : 2424-1954
Print ISSN : 0915-4787
ISSN-L : 0915-4787
研究ノート
記録管理・アーカイブズにおける「デジタル・フォレンジック」に関する一考察
―国際比較に基づき―
古賀 崇
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 73 巻 p. 72-85

詳細
抄録

 「デジタル・フォレンジック」とは、データ修復などの手段を通じ、デジタル媒体(ハードディスク、サーバなど)上の証拠保全を行うことを意味する。英語圏(北米、豪州など)では、デジタル・フォレンジックは記録管理・アーカイブズ活動の一端として位置づけられているが、日本では単に「訴訟・捜査や情報セキュリティのための活動」として理解・実践されているのが現状である。本稿では、文献調査や米国アーキビスト協会(SAA)大会への参加経験などに基づき国際比較を行い、「ボーンデジタル世界における証拠保全」として記録管理・アーカイブズ活動を原点から見直すために、デジタル・フォレンジックを論じる。

著者関連情報
© 2017 記録管理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top