老年社会科学
Online ISSN : 2435-1717
Print ISSN : 0388-2446
原著論文
成人子とその親子関係
― 子世代からみた老親扶養意識を中心に ―
杉山 佳菜子
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 31 巻 4 号 p. 458-469

詳細
抄録

 平均年齢40.9歳で介護経験のない既婚者83人(男性37人,女性46人)の実親と義理の親それぞれとの親子関係について,既婚子側からの親へのサポート提供の実態と扶養意識との関連をみた. その結果,親との関係は,実親,義理の親を問わず,性別やきょうだい構成ではほとんど違いがみられなかった.義理の親との関係は「経済的にやっていけなくなったとき」「寝たきりになったとき」に義理の親に対する扶養意識と関連があった. 一方実親との関係は実親への扶養意識と関連はなかった. 実親への扶養意識について,女性では親の居住地への時間的距離と,男性では出生順位と関連があった.実親との親子関係は全般的扶養意識の「老親自立期待」因子「情緒的支援志向」因子「伝統的扶養志向」因子のうち,「老親自立期待」因子と「情緒的支援志向」因子に関連していた.

著者関連情報
© 2010 日本老年社会科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top