老年社会科学
Online ISSN : 2435-1717
Print ISSN : 0388-2446
原著論文
家族介護者の「アンビバレントな世界」における語りの記述
―― もう1つのストーリー構築に向けて ――
広瀬 美千代
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 31 巻 4 号 p. 481-491

詳細
抄録

 本研究では夜間介護があるような困難な介護状況においても介護に肯定的な評価をしている介護者の精神的側面を「アンビバレントな世界」とし,その本質に焦点を当て,その世界を本人の視点から記述していくことを目的とした.家族介護者を対象に半構造化面接を実施し,現象学的心理学の視点から質的分析を行った.

 介護者の語りを意味ある単位ごとに分類した結果,「役割規範の受容と介護役割に対する疑念」「夜間に感じる憔悴感と自分自身の納得」「無力な要介護者に対する悲憤と悲哀」「身体的開放感の欲求と社会への奉仕欲求」「要介護者を預けることによる休息感と虚無感や気づかい」が浮かび上がった.これらは「役割アイデンティティ獲得の交渉」「報恩・感謝の実践」「生活充足感の探求」の3つの基本軸に構造化された.また,これらは「行為を通じて価値を獲得していく過程」ととらえなおすことが可能であると解釈された.

著者関連情報
© 2010 日本老年社会科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top