老年社会科学
Online ISSN : 2435-1717
Print ISSN : 0388-2446
原著論文
超高齢者の語りにみる生(life)の意味
中川 威増井 幸恵呉田 陽一髙山 緑高橋 龍太郎権藤 恭之
著者情報
ジャーナル フリー

2011 年 32 巻 4 号 p. 422-433

詳細
抄録

 平均余命の伸長が著しいなか,高齢期の心理的発達をとらえる理論的枠組みが求められている.本研究は,その発達過程を探索するため,心理的発達を遂げている超高齢者を対象に,彼らが日常生活で体験していることを記述することを目的とした.超高齢者8人を対象に面接調査を実施し,解釈的現象学の視点から質的分析を行った.

 超高齢者の語りのうち,生命,生活,人生という生(life)の諸側面に対する意味や価値に焦点を当て,意味ある単位に分類した結果,「つながっていること」「変わっていくことに気づくこと」「変わらないことを見いだすこと」「自分だけにできることをみつけること」の4つのテーマを抽出した.この結果から,超高齢者の生の体験は,客観的な事実から成る状況に身をおきつつ,二元的思考を脱する実存的な体験としてとらえることができるであろう.今後,かかる超高齢者における生の実存的側面をとらえるために,超越の視点が必要であると考えられる.

著者関連情報
© 2011 日本老年社会科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top