老年社会科学
Online ISSN : 2435-1717
Print ISSN : 0388-2446
資料論文
日本版老年的超越質問紙改訂版の妥当性および信頼性の検討
増井 幸恵中川 威権藤 恭之小川 まどか石岡 良子立平 起子池邉 一典神出 計新井 康通高橋 龍太郎
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 35 巻 1 号 p. 49-59

詳細
抄録

 日本版老年的超越質問紙の改訂版(Japanese Gerotranscendence Scale Revised;JGS-R)を作成し,その妥当性と信頼性を検討した.JGS-Rを地域在住高齢者1,973人に実施し,欠損のないデータ(n = 1,831,女性52.3%,年齢範囲69~81歳)を用いて確認的因子分析を行った.その結果,最終的なモデルの適合度(GFI = .95;AGFI = .93;RMSEA = .044)は十分に高く,JGSと同様の因子構造が確認された.再検査信頼性は,インターネット調査モニター(n = 344,女性50%,年齢範囲49~79歳)のデータを用いて検討した.調査間隔1か月のJGS-Rの8つの下位尺度の再検査信頼性はr = .55~.83であった.一方,内的一貫性の低い下位因子もあった.これらの結果から,JGS-Rには一定の妥当性および信頼性が確認されたが,尺度のさらなる検討の必要性も示唆された.

著者関連情報
© 2013 日本老年社会科学会
前の記事
feedback
Top