老年社会科学
Online ISSN : 2435-1717
Print ISSN : 0388-2446
原著論文
グループホームにおける終末期ケア実践に関連する要因の検討
―― 管理職に対する調査から ――
平松 万由子新野 直明
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 37 巻 4 号 p. 397-405

詳細
抄録

 グループホームにおける高齢者終末期ケア実践に関連する要因について明らかにすることを目的とした.全国のグループホームから無作為に抽出した事業所の管理職を対象とした質問紙調査を行い,297人について分析を行った.終末期ケア実践の可否を目的変数,可否に関連する要因を説明変数とし,ロジスティック回帰分析を行った.グループホームにおける終末期ケア実践は,事業所の終末期ケア提供方針が積極的であり,医師の往診があり,医療連携体制加算を取っており,グループホームでの終末期ケア経験がある場合に可能である場合が多いことが明らかとなった.

著者関連情報
© 2016 日本老年社会科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top