日本化粧品技術者会誌
Online ISSN : 1884-4146
Print ISSN : 0387-5253
頭のニオイ成分の生成を抑制する香料
山本 宏下里 功岡田 正紀
著者情報
ジャーナル フリー

1997 年 32 巻 1 号 p. 26-32

詳細
抄録

我々は, 官能評価, 毛髪表在脂肪酸分析, 頭のヘッドスペース分析結果より, 通常生活者の頭のニオイ原因物質は, 皮膚常在菌が産生する脂質分解酵素リパーゼにより皮脂中のトリグリセライドが分解されて生じる主に低級から高級にいたる脂肪酸類であると考える。我々は, 微生物及び試薬リパーゼによるトリグリセライド分解による脂肪酸生成モデルを開発, このモデルを評価法として用い, 種々の香料について, 脂肪酸生成に与える影響を調べた。その結果, 脂肪酸生成を抑制する数多くの香料を見いだし, それらの香料を賦香したシャンプー及びリンスの実際使用における頭のニオイ抑制効果を確認した。
また, 微生物やリパーゼの作用により, いくつかの香料が脂肪酸と反応してエステルを生成することを見いだした。

著者関連情報
© 日本化粧品技術者会
前の記事 次の記事
feedback
Top