日本化粧品技術者会誌
Online ISSN : 1884-4146
Print ISSN : 0387-5253
ISSN-L : 0387-5253
肌の生化学的パラメーターと肌状態およびスキンケア化粧品の有用性評価
山村 達郎
著者情報
ジャーナル フリー

1998 年 32 巻 2 号 p. 117-123

詳細
抄録

肌の表面状態は表皮の角化過程に大きく影響される。そのため, 肌状態を正確に評価するためには表面の物理的なパラメーターだけでなく, 表皮のターンオーバーを反映している生化学的なパラメーターについても測定する必要がある。皮膚表面の角質細胞の形状, 有核率, 剥離密度, 細胞面積, 多重剥離度は, 表皮の角化過程を判断するのに非常に有用である。また, 角質層のプロテアーゼ活性や過酸化物消去能も表皮のターンオーバーを反映している。これらの生化学的なパラメーターと皮膚表面水分量, 皮脂量, TEWL値等の物理的パラメーターを組み合わせることにより, 肌状態を細かく分類することが可能となった。

著者関連情報
© 日本化粧品技術者会
次の記事
feedback
Top