物理探査
Online ISSN : 1881-4824
Print ISSN : 0912-7984
ISSN-L : 0912-7984
ラピッドレター
岩手県久慈市における微動アレイ探査による地盤振動特性の評価
山本 英和石川 拓弥齊藤 剛
著者情報
ジャーナル 認証あり

2019 年 72 巻 p. 8-16

詳細
抄録

岩手県久慈市の海岸平野部において極小微動アレイ観測を実施し,微動のH/Vおよび位相速度を用いて,地下地盤浅部S波速度構造の推定を試みた。地震動増幅特性を評価するために,30m平均S波速度を用いて工学的基盤からの最大速度地盤増幅率を算出し,S波速度構造モデルを用いてSH波の周波数毎の増幅率を算出した。その結果を以下に示す。地下構造モデルを推定した結果,表層S波速度が約100m/sと非常に遅い堆積層が分布していることが明らかになった。南北に延びる3つの測線AA’,測線BB’,測線CC’に沿って探査した結果,北部と南部では基盤深度が浅く,中央部では基盤深度が深く,かつ,西から東にかけて基盤が次第に深くなるお椀型の構造であることがわかった。推定したS波速度構造モデルから平均S波速度を算定し,経験式から地盤増幅率を算定してJ-SHISの地盤増幅率と比較した結果,一部地域で観測から得られる値が高いことが明らかとなった。SH波の鉛直入射の増幅特性を求めた結果,1Hzの周波数では最大6倍の増幅率を示す。

著者関連情報
© 2019 社団法人 物理探査学会
前の記事 次の記事
feedback
Top