生産研究
Online ISSN : 1881-2058
Print ISSN : 0037-105X
研究速報
乱流境界層中のキャビティから発生する空力騒音の直接計算
横山 博史加藤 千幸
著者情報
ジャーナル フリー

61 巻 (2009) 1 号 p. 26-29

詳細
PDFをダウンロード (447K) 発行機関連絡先
抄録

 M =0.4, 0.7 のキャビティ流れについてLESをもちい, 流れと音の直接計算をおこなった.その結果, せん断層内には二次元的な大規模構造が生じ, 後縁にぶつかる際, 膨張波を発生することがわかった.発生した音波はキャビティ内部を上流へ伝播し, 前縁においてキャビティ外部へ放出される, その際音波の粒子速度がせん断層内の微小じょう乱となる.この微小じょう乱が平均速度こう配のKelvin-Helmholtz不安定性により発達することにより, 二次元的な大規模構造を形成することがわかった.このようにフィードバックループが成立し, ピーク音が発生する.[本要旨はPDFには含まれない]

著者関連情報
© 2009 東京大学生産技術研究所
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top