環境科学会誌
Online ISSN : 1884-5029
Print ISSN : 0915-0048
ISSN-L : 0915-0048
一般論文
吸着した有機汚染物質の光分解に及ぼすプラスチックのエイジングの影響
エムデイ ナズマル ハサン中井 智司西嶋 渉後藤 健彦末永 俊和
著者情報
ジャーナル フリー

2021 年 34 巻 6 号 p. 270-280

詳細
抄録

本研究では,ポリエチレン(PE),ポリエチレンテレフタレート(PET),ポリ塩化ビニル(PVC)に吸着した2,4,5-トリクロロフェノール(TriCP)の光分解に対するプラスチックのエイジングの効果を評価した。ガラスやこれらバージンプラスチック上での光分解速度を比較した結果,バージンPE上ではTriCPの光分解は促進されるが,PETやPVC上では光分解が抑制されることが明らかとなった。また,エイジングしたPE, PET, PVC上ではガラスや各々のバージン試料よりも分解が遅かった。これより,プラスチックのエイジングは吸着したTriCPの光分解の速度に影響することが確認された。エイジングしたプラスチックの表面を分析した結果,プラスチック表面には隆起が多く認められた。また,UVに対する透過性も低下しており,TriCPに作用するUV強度の低下がエイジングによる分解抑制の一因であることが示された。その一方で,プラスチックのメタノール抽出物はTriCPの光分解を抑制した。プラスチックの構造や光の透過性,プラスチック添加物の放出は実環境でも生じうることから,吸着した有機汚染物質の運命の評価の際には,こうしたエイジングによる効果を考慮する必要がある。

著者関連情報
© 2021 公益社団法人環境科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top