環境科学会誌
Online ISSN : 1884-5029
Print ISSN : 0915-0048
ISSN-L : 0915-0048
最新号
選択された号の論文の2件中1~2を表示しています
一般論文
  • 相馬 美咲, 石川 奈緒, 吉田 直登, 成田 翔, 笹本 誠, 嶝野 英子, 東山 由美, 伊藤 歩, 海田 輝之
    2019 年 32 巻 3 号 p. 83-90
    発行日: 2019/05/31
    公開日: 2019/05/31
    ジャーナル フリー

    近年,1年に700トン以上に及ぶ,多くの動物用抗菌性物質が販売,使用されている。投与された抗菌性物質の一部は糞尿中に排出されている。そのため,その抗菌性物質を含んだ排せつ物を堆肥などに再利用することで薬剤耐性菌の発生および水域環境に抗菌性物質が拡散する可能性が懸念されている。しかしながら,家畜に投与した抗菌性物質がどのくらい排せつ物として体外に排出されるのか報告例は少ない。そのため本研究では,スルファモノメトキシン(SMM)を対象物質として,牛のモデル動物であるめん羊にSMMを投与し,体外への排出率を求めた。その目的のために,まずめん羊の排せつ物中のSMM分析法を検討した。固相抽出やMcIlvaine緩衝液での抽出処理を用い,尿および糞試料で85.9%および93.2%と安定して高い回収率を得ることができるSMM分析法を構築した。その後,2頭のめん羊を用いてSMM投与試験を行った。その結果,SMMの最大濃度は,SMM投与から16 時間後に糞で45.6 mg/kg, 2時間後に尿で532 mg/kgを示した。投与したSMMは排せつ物として平均して尿から10.6%,糞から2.0%,全体で12.6%が体外に排出された。

  • 坂本 美波, 大西 暁生, ジョンソン ブライアン
    2019 年 32 巻 3 号 p. 91-102
    発行日: 2019/05/31
    公開日: 2019/05/31
    ジャーナル フリー

    都市内の緑地は熱環境悪化の緩和や雨水流出の緩和効果などの機能を担っているため,多くの都市で緑化を推進しているが,建築物が密集している都市において,緑化を施すスペースを確保することは難しい。そこで注目されているのは,人工的土地被覆を緑地で覆う屋上緑化であり,多くの都市でそれを推進するための制度を導入している。しかし,屋上緑化の施工件数・面積は増加しているものの,都市内の緑被率はさほど増加していない。そのため,都市の土地被覆情報や屋上緑化の施工状況などを詳細かつ正確に把握することで,計画的に都市・緑地整備を行う必要がある。

    本研究では愛知県名古屋市中心部を対象に,WorldView-2衛星画像を用いて詳細土地被覆情報の取得及び屋上緑化施工箇所の把握を行い,都市の現状把握を用途地域別・建築物用途別に考察する。

feedback
Top