心臓
第22回 臨床不整脈研究会
心臓モデリングとコンピュータシミュレーションが導く不整脈研究の世界
中沢 一雄原口 亮芦原 貴司難波 経豊戸田 直山口 豪井尻 敬高山 健志五十嵐 健夫倉智 嘉久池田 隆徳
著者情報
ジャーナル フリー

42 巻 (2010) SUPPL.4 号 p. S4_208-S4_215

詳細
PDFをダウンロード (8059K) 発行機関連絡先
抄録

実世界に起きる現象はきわめて複雑であり, 理論的にその振る舞いを解析したり, あるいは記述したりするのは容易なことではない. 特に, 心室細動に代表される致死性不整脈のような複雑な心電現象を, 単純なモデル化や数式化により理解することは困難である. コンピュータシミュレーションおよび可視化は, その複雑なメカニズムの整理や直感的な理解のためには有効な手段である. 心臓の電気的特性は, 多種のイオンチャネルが複雑に関連しながら機能して決定される心筋細胞の電気活動, さらにそれらの心筋細胞が3次元的に配列し有機的に協調・連携した臓器というように階層性を持ったシステムの特性として決定される. したがって, 不整脈現象をより正確に理解するには, 心臓をシステムとして捉える工学的視点が要求され, 心臓の電気現象の各階層(イオンチャネル/心筋細胞/心臓)を統合して考える必要がある. 国立循環器病研究センターを中心に進められているプロジェクトでは, スーパーコンピュータを用いた高速大規模計算技術, コンピュータグラフィックスによる表示, 医用画像処理など, さまざまな工学的技術が含まれている. 心臓モデルを用いたコンピュータシミュレーションを中心に, われわれの研究グループにおける一連の不整脈研究を示す.

著者関連情報
© 2010 公益財団法人 日本心臓財団
前の記事

閲覧履歴
feedback
Top