バイオメカニズム学会誌
Print ISSN : 0285-0885
解説
生活習慣病予防のための運動の意義とそれを実行可能にする環境対策の重要性
久野 譜也田辺 解吉澤 裕世
著者情報
ジャーナル フリー

2011 年 35 巻 2 号 p. 91-97

詳細
抄録

我が国では,今後10 年間で高齢化の加速度的進行に加えて人口減がみられることにより,健康は単に個人の課題としてだけではなく大きな社会的課題となり,国民の安心及び経済力の維持という視点でも重要な課題となる.特に,生活習慣病の克服は重要な命題であるが,国民が生活習慣,特に運動と食事をうまくコントロール出来れば,それらの課題への対処法になる可能性が示唆されている.しかしながら,運動や食事コントロールの困難さは依然として解決されていない.さらに,望ましい運動量の実施ができている国民は,依然として全体の3割にすぎない.それゆえ,生活習慣予防における運動の重要性のエビデンスの蓄積をさらに拡充すること,「運動をいかに生活スタイルに溶け込ませるのか」という研究が現在求められている.

著者関連情報
© 2011 バイオメカニズム学会
前の記事 次の記事
feedback
Top