バイオメカニズム学会誌
Print ISSN : 0285-0885
解説
スムーズな動作につながる呼吸法と力の抜き方
麓 正樹
著者情報
ジャーナル フリー

2011 年 35 巻 3 号 p. 176-180

詳細
抄録

本稿ではスムーズな動作につながる呼吸法と力の抜き方に関して,1) 呼吸と呼吸法,2) 呼吸法と運動ニューロンの促通,3) 呼吸と力の抜き方,の3 点について我々の研究を踏まえながら関連する知見をまとめた.#1 では,呼吸法によって,「リラックスしつつ集中」というピークパフォーマンスを導く状態が形成されるメカニズムについて,脳波と前頭前野の脳血流および心理テストの結果に基づいて考察を加えた.#2 では,呼吸法がセロトニン神経の下行性投射によって運動ニューロンを促通させる,という我々の仮説に基づく実験を紹介した.#3 では,呼吸と動作の関係において,「抜き動作」に呼吸が重要な役割を担う可能性およびその意義について考察した.

著者関連情報
© 2011 バイオメカニズム学会
前の記事 次の記事
feedback
Top