保健医療福祉科学
Online ISSN : 2434-5393
Print ISSN : 2186-750X
資料
ロールプレイを用いた危険予知トレーニングの効果の検証
―イラスト使用との比較―
佐藤 安代岡本 佐智子萱場 一則延原 弘章添田 啓子
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 7 巻 p. 79-83

詳細
抄録

 看護実践経験の少ない看護学生にとって臨床現場を具体的にイメージすることは難しい。そこで、危険予知トレーニング(KYT)において、イラストを用いた場合とロールプレイを用いた場合の危険予知の傾向を比較検討するため、ランダム化比較試験を行った。学生を無作為に2群に分け、ロールプレイ(R)群、イラスト(I)群に割り付け、術後初回歩行場面のKYTを実施した。使用したKYTシートを分析した結果、記載された危険のポイント項目数はR群で35個、I群では32個、現象からみた危険予知の傾向として、R群では、疼痛、深部静脈血栓、出血、息苦しさなどが挙げられ、可視的な情報による現象だけではなく、体の内部で起こるであろうことを想起することができた。また患者の思考および行動に起因する危険をイメージすることができた。危険要因からみた危険予知の傾向として、R群では、より多様性に富んだ危険ストーリーを考えることができた。

著者関連情報
© 2018 埼玉県立大学保健医療福祉科学学会
前の記事 次の記事
feedback
Top