日本水産学会誌
Online ISSN : 1349-998X
Print ISSN : 0021-5392
コクチバスによって捕食されるウグイの最大体長
片野 修青沼 佳方
著者情報
ジャーナル フリー

2001 年 67 巻 5 号 p. 866-873

詳細
抄録

コクチバスに捕食されるウグイの最大体長を, 水槽実験によって調べた。コクチバスはウグイの群れに突進することもあれば, 単独のウグイを襲うこともあった。捕食実験の結果から, コクチバスによって食べられるウグイの最大体長は, バスの体長の47-66%であると推定された。コクチバスの口径とウグイの体高, 体幅を計測した結果, 実際に捕食されるウグイの最大体長は, コクチバスの口径から推定される限界サイズに比べて小さいことが明らかになった。コクチバスはしばしば一度くわえた大型のウグイを, 逃がしたり吐き出したりした。コクチバスの口径は, ウグイのような細長い体型をもつ魚を食べる場合には, 制限要因にはならないと考えられる。

著者関連情報
© 社団法人 日本水産学会
前の記事 次の記事
feedback
Top