胆道
Online ISSN : 1883-6879
Print ISSN : 0914-0077
ISSN-L : 0914-0077
症例報告
乳癌胆嚢転移による急性胆嚢炎に対し,早期腹腔鏡下胆嚢摘出術を施行した1例
野津 新太郎菅原 秀一郎岡﨑 慎史元井 冬彦
著者情報
ジャーナル 認証あり

2021 年 35 巻 2 号 p. 168-174

詳細
抄録

症例は50歳女性.左乳癌術後(41歳,pT1N0M0 Stage I.ER(+),PgR(+),HER2(3+)),多臓器転移再発に対して化学療法中であった.増悪する上腹部痛を自覚し,血液検査及び画像検査から軽症急性胆嚢炎と診断した.乳癌の病勢も安定しており,耐術可能であったため,腹腔鏡下胆嚢摘出術の方針とした.胆嚢は頸部に白色結節を認め,高度に緊満していた.胆嚢管断端は腫瘍浸潤により内腔が途絶し,病理所見として,胆嚢頸部の全層に癌細胞の浸潤を認めた.免疫染色で癌細胞はER(+),PgR(+),HER2(-)であり,乳癌の転移と診断された.術後6日目に退院となり,術後1年10カ月現在,健在である.今回乳癌術後多臓器転移再発のため化学療法中,急性胆嚢炎を契機に診断された乳癌胆嚢転移症例を経験した.乳癌胆嚢転移は稀であり,若干の文献的考察を加え報告する.

著者関連情報
© 2021 日本胆道学会
前の記事 次の記事
feedback
Top