芝草研究
Online ISSN : 1884-4022
Print ISSN : 0285-8800
ISSN-L : 0285-8800
スジキリヨトウSpodoptera depravata幼虫に対する昆虫病原性糸状菌Nomuraea rileyiの殺虫活性および農薬に対する感受性
廣森 創合田 光太郎杉田 花菜子廿日出 正美
著者情報
ジャーナル フリー

2002 年 30 巻 2 号 p. 123-129

詳細
抄録

昆虫病原性糸状菌Nomuraea rileyiのスジキリヨトウ幼虫に対する殺虫活性の検定を行い, 生物防除資材としての実用性について検討をした。
数種昆虫病原性糸状菌をスジキリヨトウ幼虫に接種した結果, N.rileyiの菌株SdNr-1が最も高い殺虫活性を示し, 処理8日後に死亡率は100%に達した。また, N.rileyiは比較的低温の15℃条件においても感染を進行させていることが確認された。感染死亡したスジキリヨトウ体表には多量の分生子が形成され, 二次感染源となることが確認された。
ポット試験では, 比較的低濃度処理によってもN.rileyiは感染能力を持つことが示された。
また, 各種殺虫剤および殺菌剤に対する感受性検定の結果から, N.rileyiは多くの農薬に対して感受性であった。
さらに, N.rileyiと各種殺虫剤との混用を行った結果, 感染死亡までの期間が短縮される協力効果が確認された。

著者関連情報
© 日本芝草学会
前の記事 次の記事
feedback
Top