青年心理学研究
「青年心理学研究」は1987年創刊,2011年度からは年2回刊行されています。原著論文,資料論文,特別論文の他,意見論文(コメントとリプライ)も掲載され,誌上討論が行われています。原著論文に対して,学会員からの意見論文(コメント)が寄せられ,それに対して原著者からも意見論文(リプライ)を返すという誌上討論のシステムが機能している点が,本学会誌の特徴です。また,大会でのシンポジウムや大会とは別に行われるワークショップの記録も掲載されており,学会の活動を会員内外に情報提供するという役割も果たしています。
もっと読む
収録数 523本
(更新日 2020/08/05)
Online ISSN : 2432-0757
Print ISSN : 0915-3349
ジャーナル 査読 フリー
おすすめ記事
30 巻 (2018) 1 号 p. 1-23
青年期前期における過剰適応の類型化に関する検討 もっと読む
28 巻 (2016-2017) 1 号 p. 1-15
希望通りでない就職決定までの将来像変容プロセスの質的検討 もっと読む
25 巻 (2013-2014) 1 号 p. 1-11
青年犯罪者の共感性の特性 もっと読む
23 巻 (2011) 2 号 p. 159-173
自己形成を促進させる自己形成モードの研究 もっと読む
20 巻 (2008) p. 71-85
青年心理学研究方法論としての変容確認法の発展 : 発達主体として青年を捉えるアプローチ もっと読む
すべてのおすすめ記事を見る
月間アクセス数ランキング 2020年07月
このページを共有する
過去の巻号を選ぶ
feedback
Top