YAKUGAKU ZASSHI
  日本薬学会は,1880年に創立された,我が国では歴史ある学会の一つです.現在,約18000人の会員を擁しており,毎月3誌の学術誌を刊行しております.英文による学術誌の一つとして「Chemical and Pharmaceutical Bulletin」(Chem. Pharm. Bull.)は, 1953年にPharmaceutical Bulletinとして創刊され,その後Chem. Pharm. Bull. と名称を変え,薬学と健康科学に関する化学分野をカバーしています.二つ目として,「Biological and Pharmaceutical Bulletin」(Biol. Pharm. Bull.) があり,これは1978年に創刊されたJournal Pharmacobio-Dynamicsを起源としており,更に1953年に創刊され,2012年に内容を引き継いだJournal of Health Scienceの後継誌として,薬学と健康科学に関する生物学分野を領域としています.英文と和文両方にて構成される学術誌として,「YAKUGAKU ZASSHI」(薬学雑誌)があり,本学術誌は学会創立の翌年(1881年)に創刊され,最も長い歴史を有しています.薬学雑誌では,和文による原著論文・総説等のほか,臨床薬学領域研究については英文による投稿も受け付けています. 日本薬学会におけるこれら学術誌のスコープは,基礎研究から臨床研究に至る幅広い分野に渡りますが,いずれも薬学・健康科学をベースとしています。3誌に投稿された論文の平均審査期間は,現在,投稿された方へ最初の判定を通知するまでに約1か月ですが,更なる時間短縮を目指しています.3誌ともにJ-STAGEにて無料公開しており,研究成果を世に広める一助となることを期待しております.皆様の研究成果をChem. Pharm. Bull.やBiol. Pharm. Bull.,薬学雑誌へ積極的にご投稿下さいますよう,よろしくお願い申し上げます.

学術誌編集委員長
細谷 健一
富山大学大学院
もっと読む
収録数 17,205本
(更新日 2019/12/11)
Online ISSN : 1347-5231
Print ISSN : 0031-6903
ISSN-L : 0031-6903
0.286
2018 インパクトファクター
ジャーナル 査読 フリー 早期公開
おすすめ記事
139 巻 (2019) 12 号 p. 1601-1608
Paclitaxel-associated Acute Pain Syndrome Similarly Occurs in the Patients with or without Previously Administered Non-steroidal Anti-inflammatory Drugs Prior to Paclitaxel Administration もっと読む
編集者のコメント

Paclitaxel (PTX)-associated acute pain syndrome (P-APS) is characterized by disabling but transient arthralgia and myalgia in up to 80% of patients administered with PTX. In this study, it was revealed that clinical condition that needs non-steroidal anti-inflammatory drugs (NSAIDs) and previously administered NSAIDs prior to PTX injection do not affect the incidence, severity, and duration of P-APS. These results will help in educating patients about their medications and will contribute to the management of P-APS.

過去のおすすめ記事を見る
月間アクセス数ランキング 2019年11月
このページを共有する
過去の巻号を選ぶ
feedback
Top