YAKUGAKU ZASSHI
  日本薬学会は,1880年に創立された,我が国では歴史ある学会の一つです.現在,約18000人の会員を擁しており,毎月3誌の学術誌を刊行しております.英文による学術誌の一つとして「Chemical and Pharmaceutical Bulletin」(Chem. Pharm. Bull.)は, 1953年にPharmaceutical Bulletinとして創刊され,その後Chem. Pharm. Bull. と名称を変え,薬学と健康科学に関する化学分野をカバーしています.二つ目として,「Biological and Pharmaceutical Bulletin」(Biol. Pharm. Bull.) があり,これは1978年に創刊されたJournal Pharmacobio-Dynamicsを起源としており,更に1953年に創刊され,2012年に内容を引き継いだJournal of Health Scienceの後継誌として,薬学と健康科学に関する生物学分野を領域としています.英文と和文両方にて構成される学術誌として,「YAKUGAKU ZASSHI」(薬学雑誌)があり,本学術誌は学会創立の翌年(1881年)に創刊され,最も長い歴史を有しています.薬学雑誌では,和文による原著論文・総説等のほか,臨床薬学領域研究については英文による投稿も受け付けています. 日本薬学会におけるこれら学術誌のスコープは,基礎研究から臨床研究に至る幅広い分野に渡りますが,いずれも薬学・健康科学をベースとしています。3誌に投稿された論文の平均審査期間は,現在,投稿された方へ最初の判定を通知するまでに約1か月ですが,更なる時間短縮を目指しています.3誌ともにJ-STAGEにて無料公開しており,研究成果を世に広める一助となることを期待しております.皆様の研究成果をChem. Pharm. Bull.やBiol. Pharm. Bull.,薬学雑誌へ積極的にご投稿下さいますよう,よろしくお願い申し上げます.

学術誌編集委員長
細谷 健一
富山大学大学院
もっと読む
  公益社団法人 日本薬学会 が発行
収録数 16,832本
(更新日 2018/05/28)
Online ISSN : 1347-5231
Print ISSN : 0031-6903
0.324
2016 インパクトファクター
ジャーナル 査読 フリー 早期公開
おすすめ記事
138 巻 (2018) 5 号 p. 591-598
体内動態と細胞内動態を制御する革新的リポソームDDSの創製と薬物治療・核酸医薬への展開 もっと読む
編集者のコメント

 The modification of polyethylene glycol (PEG), i.e. PEGylation is commonly used approach for increasing stability of drug delivery systems (DDSs), but results in loss of activity simultaneously. This article describes the trade-off relationship between activity and stability as PEG dilemma and strategies to overcome PEG dilemma. The authors developed a cleavable PEG lipid in response to tumor microenvironment, a pH-sensitive fusogenic peptide, and pH-sensitive cationic lipids in response to endosome/lysosome, which balanced activity and stability of DDSs and exerted therapeutic effect of nucleic acid cargos.

過去のおすすめ記事を見る
最新号のすべての記事を見る
月間アクセス数ランキング 2018年04月
このページを共有する
過去の巻号を選ぶ
feedback
Top