詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "スタンド" 自転車
253件中 1-20の結果を表示しています
  • 砂本 文彦, 篠部 裕
    日本建築学会計画系論文集
    2005年 70 巻 598 号 79-85
    発行日: 2005/12/30
    公開日: 2017/02/11
    ジャーナル フリー
    The purpose of this paper is to clarify conditions for practical use of electric bicycles in a hilly residential area with narrow roads in Kure city as a case study. We hereby suggest following solutions. 1) The Government and municipalities are to establish a fund for purchasing electric bicycles in a hilly residential area. 2) The Government and municipalities are to provide users of electric bicycles with recharging stations. 3) The Government and municipalities are to relax the regulation of assistance ratio in order to come into wide use of electric bicycles. 4) Manufacturers are to improve battery power of electric bicycles and to offer residents opportunities to try electric bicycles.
  • 長屋 大地, 大泉 哲哉, 服部 正行, 熊谷 和志
    東北支部総会・講演会 講演論文集
    2009年 2009.44 巻 158
    発行日: 2009/03/13
    公開日: 2017/06/19
    会議録・要旨集 フリー
  • ~脊髄梗塞の一例を経験して~
    大塚 浩一, 江口 拓
    理学療法学Supplement
    2013年 2012 巻 E-P-06
    発行日: 2013年
    公開日: 2013/06/20
    会議録・要旨集 フリー
    【はじめに、目的】地域在住高齢者の身体活動量は外出形態に関連し,中でも自転車運転の活動量は在宅高齢者の余暇活動量や外出量との関連性が見られるとされる(角田.2007).自転車運転に関連する先行報告としては視覚性認知機能や片脚立位保持能力の関連性は指摘されているが,現在自転車運転動作においてこれといった評価法は存在しない.今回脊髄梗塞を発症し2年経過した症例を経験し,訪問リハビリテーション(以下訪問リハ)にて短期間の介入で実生活での自転車運転を獲得した症例について,考察を交えて報告する.【方法】対象は約3年前にTh8.9の範囲にて脊髄梗塞を発症した67歳女性.訪問リハは発症1年後に開始.理学所見としてMMT両下肢外転及び伸展4,体幹3レベル.両下肢の表在感覚及び深部感覚の鈍麻を認める.関節可動域は両膝関節屈曲120°と軽度制限有り.MMSE30点.身辺動作自立しており屋外歩行自立.発症前は自転車及び自動車での移動自立されていたが,発症後は非実施.訪問リハ時の聴取にて自転車走行の再獲得が希望として挙げられた.具体的な目標として「自転車を自走して買い物に行く」と定めて評価・介入を開始した.事前評価として行った片脚立位保持時間は左右共に10秒以上可能.Trail Making Test(以下TMT)はpartA32秒、partB1分12秒であった.そして自動車運転余裕評価の先行報告を参考に(自動車交通安全センター.2000),立位での足踏み運動に聴覚刺激による振り向き動作を組み合わせた二重課題を実施したが問題なく遂行可能であった.またスタンドをした状態でのペダル操作,片足での床面支持,外乱に対してのブレーキ維持といった自転車の前提動作(今井.2009)も問題なく実施可能であった.それらの評価を行った後に実際の運転練習に移った.【倫理的配慮、説明と同意】症例にはヘルシンキ宣言にのっとって発表に関する趣旨及びプライバシー保護について,また自転車運転のリスクについて十分な說明を行い,同意を得た.【結果】運転練習開始初期は、走り初めの低速時にハンドルの動揺が著明に観察され介助が必要な状態であった.そのためPTが後方で介助しながら乗り始めのハンドル・ペダル操作を反復して練習した.訪問リハの無い日には,片脚立位練習やスタンドをしてサドルに座り,片足支持やペダルに足を着く・離す動作の自主練習を指導した.訓練開始後15日目にて低速時の動揺が改善し,ペダルの踏み直しや状況に応じた停止・再発進も可能になり,直線50m以上の運転が自立して可能となった.その後指定場所における一時停止,駐車車両脇の通過をそれぞれ安全に実施できるかを確認した.訓練開始後28日目にて目標の買い物先までの運転動作を実際にPT同行のもとで2回実施した.いずれも安全に実施可能である事を確認した後に,症例の日中の買物時における自転車運転での移動自立とした.【考察】今回訪問リハにて脊髄梗塞患者に対し自転車運転自立を目指して介入を実施した結果,運転自立の獲得に至った症例を経験した.先行研究を元に事前評価を実施しその後実演項目を経て自立に至ったが,実演項目における自転車運転の運動技能の評価についてはこれといった評価法や先行報告は存在しない.運動技能の要因として外界の状況の把握能力,動きの速さ,動きの正確さ,持続性があるとされる.そしてその評価としては,動作場面での誤りの減少や自由度の増加,そして努力量の減少にてある程度の評価が可能である事が示唆されている(丸山.2002).今回本症例に対して行った事前評価では,視覚性注意機能や身体機能面そして二重課題において著明な問題を認めなかった.その後実際の実演項目による運動技能の経過観察にて,低速時のブレに対して予期を働かせて上肢や体幹による動きの正確性に改善が見られた.更に外界や身体の状況に応じて適切に運転を中断する,再開するといった状況把握能力や一定距離を運転し続ける持続性も身についていった.それらの経過から症例は自転車運転の技能向上を認め,自立に至る事が出来たものと考えた.【理学療法学研究としての意義】高齢者の自転車運転については,自動車の運転同様自転車運転の自信が年代とともに上がる現象が見られており、自分の運転能力を客観的に評価させることも必要であるとされる(元田.2001).高齢者にとって重要な移動形態の一つである自転車運転の実用性の評価に対して,今回実施した先行研究による身体機能面・認知機能面の評価更には運動技能の観点からの理学療法士による客観的な評価・介入は有用な可能性がある.今後は地域在住高齢者を対象により妥当性のある評価方法の検討を進めていきたい.
  • (株)丸石サイクル企画チーム
    日本機械学会誌
    2007年 110 巻 1069 号 918-919
    発行日: 2007/12/05
    公開日: 2017/06/21
    解説誌・一般情報誌 フリー
  • 竹内 淳彦
    地理学評論
    1960年 33 巻 8 号 412-424
    発行日: 1960/08/01
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
    わが国における自転車工場の分布,およびその立地要因につき検討した結果,次のような事実が明らかになつ.
    自動車工場の分布には販売上の要因が強く働いている.工場は「製造卸」の集中する東京,大阪,名古屋の3地域に全国総数の約75%が集中し,各地域内においても製造卸に近接した分布をとつている.すなわち,工場の分布を原則的に規定するものは「製造卸」なのである.
    しかし,製造卸地域という第1次立地網1)のなかにあつても,名古屋の場合を除き,東京,大阪では必ずしも工場の分布と製造卸のそれとは地区的に一致していない.東京では製造卸の鱒する台東区に対し,それ麟接する荒川地区に工場の集中が密である.これは安い労働力の存在,下請工場の分布などの要因によるものであり,また江東地区への集中は在来技術との関連が大である.大阪地域においては,製造卸地区たる大阪市東南部に対し,工場は饗地区に密集し,地域内において,原則的傾向を歪曲しているが,これは創生期における技術者の存在,安い労働力が豊富であることなどが主要因となつたものであり,それに,下請業者の存在,海外需要などの条件が加わつたものである.また,堺地区,荒川地区などには加算的な立地集積力も強く作用し,集中化に拍車をかけている.そして,これら工場の集中する東京,大阪,名古屋の3地域は,各地域の立地条件を反映して,それぞれに特色ある立地型を現出している.
  • 前川 正実, 山岡 俊樹
    デザイン学研究
    2014年 61 巻 2 号 2_57-2_66
    発行日: 2014/09/30
    公開日: 2014/10/25
    ジャーナル フリー
     ユーザーの要求を取得しこれを実現するための要件を定める活動は,役立つ人工物をデザインするためのひとつの基盤である.要求・要件の取得には複数の方法があり,デザイン活動の段階に応じて選ばれる.本研究では,デザイン実務に役立つ知見を得ることを意図し,調査から評価までのデザイン過程における要求・要件の取得方法の特性について,自転車のデザイン活動を対象に考察した.考察した方法は,ユーザーの利用実態の非交流的観察,既往アンケート調査のレビュー,利用状況の分析的想定,機能試作車の走行実験,来店客への非構造的インタビュー評価である.考察の結果,利用状況の分析的想定の有用性と限界,プロトタイピングを行なう場合の留意点等,各方法の特性に関する知見を得られた.デザインされた自転車は目的との整合性があり,日本における自転車利用促進に資する可能性があることが確認された.
  • 三門 正吾
    物理教育
    1987年 35 巻 4 号 268-269
    発行日: 1987/12/10
    公開日: 2017/02/10
    ジャーナル フリー
  • 高橋 良至, 木下 崇史, 新田 収, 米田 隆志
    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集
    2012年 2012 巻 2A2-T07
    発行日: 2012/05/27
    公開日: 2017/06/19
    会議録・要旨集 フリー
    "I would like to ride on a bicycle." is one of the requests from the patients in the post stroke rehabilitation. However, sufficient space and supporting therapists are required for the rehabilitation training. To solve these problems, bicycle simulator for rehabilitation has been developed. The system consists of a bicycle, a control computer, a visual system and a sound system. It can provide simulated scenery to the user and she/he can ride on a bicycle in the virtual world for motor and cognitive functional training. Training on the bicycle simulator is not only to achieve functional recovery but also to improve patient's quality of life and independent life by ensuring the transportation.
  • 長屋 大地, 大泉 哲哉, 服部 正行, 熊谷 和志
    東北支部総会・講演会 講演論文集
    2010年 2010.45 巻 167
    発行日: 2010/03/12
    公開日: 2017/06/19
    会議録・要旨集 フリー
  • 石川 伸明, 水野 正彦
    物理教育
    1987年 35 巻 4 号 269-270
    発行日: 1987/12/10
    公開日: 2017/02/10
    ジャーナル フリー
  • 井村 五郎, 松島 望, 渡部 哲也, 松崎 元
    日本デザイン学会研究発表大会概要集
    2000年 47 巻
    発行日: 2000/10/16
    公開日: 2017/11/08
    会議録・要旨集 フリー
    Barrier Free Bicycle is pursued a new use, a way of using it, sociality and form for marketing. It consists of an existent composition part except for the main frame. This design was taken most the interface between the person and the bicycle. It is the frame design which has no difficulty in the legs space in getting on and off. This bicycle can step only from one side because it isn't symmetrical. The running rule is regulated by the left, right, passing and so on.
  • 竹内 淳彦
    新地理
    1960年 8 巻 4 号 230-243
    発行日: 1960/09/10
    公開日: 2010/02/26
    ジャーナル フリー
    The writer has investigated the distribution of bicycle manufacturing works and geographical significance of thier location in Osaka area. The following facts were disclosed.
    1) There are 473 of bicycle manufacturing works in Osaka area which correspond to 30% of all those of Japan, forming one of the 2 major centers of the industry in Japan.
    Some 60% of them are closely distributed in the northern district of Sakai City, forming the major core in this area. The works are small in scale, having 30 or less persons engaged mainly in the manufacturing of such parts as brakes, handle bars and the frames, etc.
    About 35% of the works lies in the eastern part of Osaka City, Namba, the center of which coincides with such commercial districts Tennoji, Ikuno and Fuse. The scale of works in these districts is very small, too; 75% of the works has 30 or less persons engaged.
    The rest of the works lies dispersed in the surrounding areas of Osaka City as in Nishiyodo and Kuroyama, etc., forming a small group of works or isolated comparably larger-scaled works, manufacturing free-wheels or spokes, etc.
    2) The following factors are considered to play an important role in locating the bicycle manufacturing industry in the area.
    a) Historically, the local reservoirs of traditional skilled labor of processing metals, which had originated from the gun-smith, the dominant manufacturing industry of Sakai in the Edo Era, constituted the main factor in locating many works in Sakai City in the earlier stages of development of the industry.
    b) One of the location factors which exerts a conspicuous influence upon the present pattern of distribution of the industry, is the localities of the wholesale dealers which are situated in Sakai City and the southeastern parts of Osaka City, to which many works tend to be attracted so as to be near the source of capital.
    3) The superiority of Sakai to Osaka City in maintaining the largest core district of the industry is due to the abundance of cheaper labor and subcontractors of many sorts combined with the source of capital and traditional skills.
  • 川越 信幸, 吉田 準史
    Dynamics & Design Conference
    2010年 2010 巻 208
    発行日: 2010/09/14
    公開日: 2017/06/19
    会議録・要旨集 フリー
    In this study, we measured transfer functions of a bicycle at various experimental conditions by performing a hammering test and measured vibration at running for considering a suitable hammering test condition. In the tests, we focused difference of resonance frequency of a bicycle frame with driver and that without driver. As results, the transfer function measured at hanging the bicycle using a rubber tube (without driver) shows clear resonance peak and the frequency was almost same at that at running test (with driver). Therefore, hanging bicycle without driver was clarified to be suitable experimental condition for a hammering test.
  • 大山 光晴
    物理教育
    2000年 48 巻 3 号 267-268
    発行日: 2000/06/15
    公開日: 2017/02/10
    ジャーナル フリー
  • ― その広域連携の構造と機能について ―
    望月 徹
    日本国際観光学会論文集
    2019年 26 巻 127-136
    発行日: 2019年
    公開日: 2020/02/04
    ジャーナル オープンアクセス
    This study shows that the framework of regional partnerships for promoting cycling tourism (CT) around the Shimanami Kaido consists of three organizations and their related functions. First, the organization of regional partnerships that promote CT around the Shimanami Kaido is centered on Imabari City and Ehime Prefecture, in partnership with Kamijima Town and Onomichi City, and functions analogously to a basic “operating system” for CT promotion. Second, the non-profit organization Cyclo Tourisme Shimanami acts as a developer of “applications” that promote CT. Third, Shimanami Japan ― like its predecessor, the Shimanami Council ― provides indirect support, acting as a kind of “peripheral device. ” To promote CT, the key is that the basic “operating system, ” “applications” development, and “peripheral device” work together in harmony. These organizations and their functions can also be extended to and applied in other areas that also aim to promote regional CT activities. The results of this study will thus contribute to future research on both CT and regional development.
  • 伊藤 萬太郎
    機械學會誌
    1930年 33 巻 159 号 459-464
    発行日: 1930/07/18
    公開日: 2017/08/01
    解説誌・一般情報誌 フリー
    吾國自轉車の輸出入状況を表示し、使用状況及び製産概況を述べ、自轉車を構成する各部品の名稱を列擧して其各の材料、加工、及び配給状況を説明し、最後に自轉車工業振興の一般的對策を、材料及び製品規格の統一、様式の單純化、材料半成品及び完成品檢査の勵行、分業の細分、販賣組織の改善、工業組合の創立と之に對する期待、輸出の振興、の7項に分ちて論述せり。
  • 兼平 さゆり, 田中 文, 中村 恭子, 益子 雄太郎, 宮嵜 哲郎, 近藤 瑠歩, 佐藤 麻奈, 山本 篤史
    日本機械学会誌
    2010年 113 巻 1105 号 959-963
    発行日: 2010/12/05
    公開日: 2017/06/21
    解説誌・一般情報誌 フリー
  • 白﨑 啓太, 山辺 芳, 明石 啓太, 高嶋 渉
    体育学研究
    2019年 64 巻 2 号 637-645
    発行日: 2019/12/16
    公開日: 2019/12/20
    [早期公開] 公開日: 2019/10/30
    ジャーナル フリー
     In when riding in a group during cycling competitions, cyclists may become located side-by-side during positioning, rotation, and overtaking. The primary objective of this study was to analyze aerodynamic variation with differences in the number of riders (1 and 3) while cycling in parallel. It was assumed that the last cyclist would be riding in parallel with the immediate leading cyclist in the group. Wind tunnel experiments were implemented using a static mannequin and athletes as participants. A floor-mounted 6-component force balance was employed for conducting the measurements, and the athlete sat on a bicycle mounted on a bicycle stand.
     Experiments were subsequently conducted on groups comprising 2 riders (2R) and 4 riders (4R). The aerodynamic drag of the last rider (i.e., the mannequin) was measured for a wind speed of 16.67 m/s and for various relative spatial positions with respect to the front end of the immediate leading rider’s front wheel as the origin (longitudinal distance X = -1.38 m–0.07 m, lateral distance Y = 0.25 m–0.90 m; X = -1.38 m was applied solely when Y = 0.90 m for the case of 2R). The results indicated that at Y = 0.75 m–0.90 m, the drag of the last rider for both the 2R and 4R cases was equal to or higher than that for the single state. At Y = 0.50 m, the drag in the 2R case was equal to or higher than that for the single state (maximum value, 108.5% of the single state), whereas the drag in the 4R case was less (87.8–95.1%).
     It was also found that when a parallel cyclist approached a riding group comprising 3 or more cyclists, it was possible to decrease the drag to a value less than for the single state by riding in a position strictly adjacent to the riding group.
  • 竹内 淳彦
    新地理
    1958年 6 巻 3 号 199-211
    発行日: 1958/01/25
    公開日: 2010/02/26
    ジャーナル フリー
  • 喜多 誠
    物理教育
    2000年 48 巻 3 号 269-272
    発行日: 2000/06/15
    公開日: 2017/02/10
    ジャーナル フリー
    自転車のダイナモを分解する機会があった。その仕組みの巧みさに魅せられた。ここでは,一昔前の自転車に付いていたダイナモ,最近入手できるダイナモ,そしてハブダイナモについて報告する。
feedback
Top