詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "ファーウェイ"
12件中 1-12の結果を表示しています
  • 洪 性奉
    アジア経営研究
    2017年 23 巻 179-193
    発行日: 2017年
    公開日: 2018/01/01
    ジャーナル フリー
    In recent years, India has a big inflection point for the next growth due to reasons of expansion of personal consumption by improving income level, increase in young people in India and consumption behavior and reasons such as business opportunities in rural market. In this paper, I have taken up the India consumer electronics market, which has achieved rapid growth, and theoretically and empirically examined the competitive strategies of multinational corporations, which have advanced into said market from the point of view of multinational corporation theory. I have expounded upon various strategic activities centrally including the market entry strategy conducted by LG Electronics India Pvt. Ltd., Samsung India Electronics Pvt. Ltd. and other consumer electronics makers. The localization strategies of multinational corporations include many multidimensional factors. Companies that are considering business in India or companies that want to expand their positioning maps from now on are most important to determine the positioning of the company in the long term after understanding the multidimensional concept of the Indian market
  • 山田 純
    アジア経営研究
    2014年 20 巻 3-7
    発行日: 2014年
    公開日: 2018/09/01
    ジャーナル フリー
  • 岩垂 邦秀
    工学教育研究講演会講演論文集
    2017年 2017 巻 3F12
    発行日: 2017年
    公開日: 2018/03/16
    会議録・要旨集 フリー
  • 伊藤 徹男
    情報プロフェッショナルシンポジウム予稿集
    2016年 2016 巻 A33
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/11/17
    会議録・要旨集 フリー
     中国における特許出願はここ数年、急激な伸びを示し、2015年には特許110万件、実用新案112万件に達したことが中国特許庁から発表されている。このような膨大とも言える中国特許情報から権利ある有効な情報のみを抽出することもデータベース上から可能となっている(生死情報の抽出)。特許情報における権利の有無は、生死情報だけにとどまらず、当該出願人から他社への権利移転、ライセンスなどの情報を把握することも重要である。権利移転やライセンス情報も2014年以降、中国知識産権出版社のCNIPRや特許情報サービス会社が提供するデータベースなどから可能となった。
     確かに、特許検索データベースにおける「法律状態」フィールドから権利移転やライセンス情報が得られるようになったが、ここでは当該出願人が他社に権利移転した、あるいは、ライセンスに関わった特許情報が得られるのみで、必ずしも当該出願人がライセンサーとなっている情報が得られるわけではない。つまり、特許検索データベースではライセンサーやライセンシーが誰であるかの情報は得られない、ということである。このように、特にライセンス情報などは誤解が生じやすい状況であると思われるので、本発表では、「中国における専利ライセンス契約と法規制」などの情報も交えて、正確な権利移転やライセンス情報を得るにはどうすればよいかについて「法律状態データベース」の有効な活用法を検索ノウハウと共に紹介する。
  • 椙山 泰生, 龔 園園
    組織科学
    2013年 46 巻 4 号 29-44
    発行日: 2013/06/20
    公開日: 2013/11/07
    ジャーナル フリー
     中国企業による日本企業の資本参加や買収という新しい現象について,その意図や資源活用のメカニズムなどは十分解明されてはいない.この課題について,本稿では既存研究を整理した上で,レナウンと如意科技の事例を題材として,考察を試みた.そして,新興国企業が国際化のエージェントとしての役割を果たす可能性があることや,経営資源の価値に関する認識ギャップを埋めて新しい優位性を形成するプロセスを核とした理論化が必要となることを指摘した.
  • 佐々木 良一
    情報の科学と技術
    2017年 67 巻 11 号 577-581
    発行日: 2017/11/01
    公開日: 2017/11/01
    ジャーナル フリー

    近年,IoT(Internet of Things)が注目されており,異なる分野の機器やシステムが相互に連携し,新しいサービスの提供が可能となると期待されている。一方,IoTを構成するシステムのセキュリティがIoTを実用化する上で大きな課題になっている。本稿では,最初に,重要インフラの制御システムや,コネクティドカー,防犯カメラなどの主要なIoTシステムに対する過去のサイバー攻撃や今後考えうる攻撃方法について紹介する。次に,IoT機器の認証基盤や,リスク評価手法,サプライチェーン対策なども含む種々のセキュリティ対策について解説している。IoTシステムのセキュリティの問題は今後ますます重要になると考えられ,研究の強化が必要となっている。

  • 石橋 茉耶, 村主 勝彦, 飯田 訓久, 増田 良平
    農業情報研究
    2014年 23 巻 1 号 12-20
    発行日: 2014年
    公開日: 2014/04/01
    ジャーナル フリー
    日本の農業では,農業従事者の減少および高齢化が深刻な問題となっている.これらの問題に対処するため,集落営農や農家の法人化によって少人数で広い圃場面積を耕作していくことが必要である.このためには,農作業の省人化や自動化が重要であり,トラクタ,田植機,およびコンバインなどの農業機械の自動走行や無人作業に関する研究が進められている.これらの農業ロボットが実用化され,一つの農業組織が複数台同時に利用するようになれば,個々のロボットの農作業を適正化し,効率良く運用すると共に,作業の進捗状況や安全性を監視する必要がある.本研究では,ロボットの運行状況を圃場から離れた基地局で監視すると共に,作業履歴の記録やトラブルの発生を分かりやすく表示するためのロボット遠隔モニタリングシステムを開発した.このシステムの操作性や表示性能を評価するため,自脱コンバインロボットによる稲の収穫作業を遠隔モニタリングする実験を行った.その結果,開発したシステムは,ロボットの作業情報をリアルタイムでデータベースサーバに記録すると共に,スマートフォンやパソコンなどのWebブラウザを利用して,ロボットの作業状況を地図やメータ類で表示することが可能であった.
  • 山田 穣
    低温工学
    2019年 54 巻 1 号 37-42
    発行日: 2019/01/20
    公開日: 2019/02/11
    ジャーナル フリー
  • 高山 誠
    日本情報経営学会誌
    2015年 36 巻 1 号 52-62
    発行日: 2015/09/02
    公開日: 2017/08/07
    ジャーナル フリー
    Smart mobile transforms the structure of every industry by de-maturation. In the mobile industry, the emergence of a smart mobile restructures the position of makers to service providers by mobile personalization. The power of the personalization affects all industries by removing the industrial barriers. Personalization of information enhances the simultaneously processing of multiple information by reciprocal information exchange between users and specialists. Through the cloud-sourcing process, smart mobiles inspire the autonomy of users and make them innovators for producing their own products. The industrial growth is achieved by personalizing goods and services. Innovation is also personalized and therefore achieved instantly.
  • 棟方 幸人
    国際教養大学 アジア地域研究連携機構研究紀要
    2018年 7 巻 91-113
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/10/29
    ジャーナル オープンアクセス
    東北地方の企業は、距離の遠さや製造コスト高などを理由に海外展開への関心が薄いとされる。国内一のスピードで人口減が進み、急速な需要や市場の縮小に直面している秋田県内の企業も例外ではない。しかし、海外需要を自社の活力につなげようと展開している中小企業もある。筆者は 2018 年2 月下旬?3 月中旬、中国やシンガポールに進 出した、あるいは進出間もない秋田県内企業を中心に、隣県である青森、山形の企業も含めて調査取材を行った。本論文では、取材先企業への調査取材を基に、秋田という地方から海外に商機を求めていくことの意義について考察する。地方の中小企業が海外進出するには、まず日本国内での経営が技術面、資金面でも確立されていることが大前提となる。その上で、自社製品の特性を十分に理解できるパートナーをいかに見つけ、現地社員を育てていくかが極めて重要である。人間関係の構築に労力を費やし、経営者が自ら動いている企業ほど、中長期的な視野に立ち戦略を軌道に乗せている。中国や東南アジアに進出を考える地方中小企業の課題として、現地勤務する日本人社員同士の交わりが決定的に薄いとの声も上がった。行政や支援機関には、県人会などのような親睦組織に限らず、経済・経営の面で、進出後のフォローや隣県、東北地域を巻き込んだ接点の構築を再考すべきだと考える。他方、地方政府の支援環境は依然活発であり、日系企業の海外進出には、地元地方政府との関係構築が不可欠だろう。姉妹都市や友好提携など県内自治体がこれまで締結してきた政治的関係を維持しながら、ビジネス案件の具体的な構築や進出後のフォローアップを図るべきである。
  • 新宅 純二郎, 二又 俊文, 吉岡(小林) 徹, 許 經明, 瀬川 晶子
    赤門マネジメント・レビュー
    2017年 16 巻 1 号 35-60
    発行日: 2017/02/17
    公開日: 2017/02/25
    [早期公開] 公開日: 2017/02/17
    ジャーナル フリー

    本稿は、2016年8月にフィンランドとドイツで実施した調査にもとづいたものである。前半では「ヨーロッパの産学連携」と題して、フィンランドのイノベーション基盤とドイツの産学連携で重要な役割を果たしているフラウンホーファー研究機構について紹介する。後半では「変貌するレガシー欧州企業」と題して、欧州を代表する大企業の戦略転換や組織改革について紹介する。まず、フィンランドのノキアが、端末部門のマイクロソフトへの売却など大規模なリストラの後どのように高収益企業に変貌しつつあるかについて紹介する。また、ドイツのシーメンスが、全社R&D組織を中心にして、Industry 4.0やIoT時代にどのように取り組もうとしているかについて述べる。

  • エレクトロニクス実装学会誌
    2018年 21 巻 6 号 608-618
    発行日: 2018/09/01
    公開日: 2018/09/01
    ジャーナル 認証あり
feedback
Top