詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "利権"
4,779件中 1-20の結果を表示しています
  • 佐藤 豊信
    農林業問題研究
    1988年 24 巻 3 号 118-126,160
    発行日: 1988/09/25
    公開日: 2011/09/05
    ジャーナル フリー
    Historically, Californians have accomodated to scarce water through a series of strategies that focused on the development and augumentation of new supplies. But this tradition does not seem suitably adapted to meet the intensifing competition for water supplies in future.
    How to efficiently use existing developed water resources is the most important problem. The key solution for the problem is establishing water markets. However, this situation is apparently not being achieved in California at the present time.
    To establish orderly water markets, it is necessary to solve the following problems:
    1) Legal uncertainties sorrounding the current system of non-quantified water rights. To encourage water rights' holders to quantify their water rights, quantification costs should be decreased.
    2) Water pricing policy problems originating in the management of Federal Water Projects and the State Water Projects. (a) Water tolls should be charged on the basis of each contractor's actual water use. (b) Water pricing policies should be improved so that individuals possessing water rights can make profits through water transfers.
    3) Problems originating in water districts' water pricing policies. When a district transfers water to outside, the allocation rule forgwater transfer revenues should be clearly defined so that transferors can get rewards depending on how much water they transfer.
    4) Lack of institutional arrangements associated with water transfers in dry years. Water institutions should be improved so that transferors and transferees can expect economic merits even in dry years.
  • 治水・利水から保水・親水ヘ
    寺田 義久
    水利科学
    1991年 35 巻 1 号 166-168
    発行日: 1991/04/01
    公開日: 2019/07/01
    ジャーナル フリー
  • 岡本 雅美
    農業土木学会誌
    1969年 37 巻 3 号 187
    発行日: 1969/06/25
    公開日: 2011/03/09
    ジャーナル フリー
  • 奥田 隆明, 倪 誠蔚
    土木学会論文集G
    2010年 66 巻 2 号 75-84
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/06/18
    ジャーナル フリー
     黄河流域では急速な経済成長に伴い水需要が増加し,とりわけ下流域で水資源の不足が大きな社会問題になっている.本研究では,水資源管理手法の一つとしてキャップ&トレード方式の水利権取引を取り上げ,その影響を事前に評価する応用一般均衡モデルの開発を行った.また,このモデルを黄河流域で作成し,水利権取引導入の具体的な影響評価を行った.そして,分析の結果,1)上・中流域で比較的多くの水資源を抑制し,下流域がその費用負担を行う結果となること,2)上・中流域では農業生産が減少し,鉱業や金属等の2次産業,3次産業の生産を増加させる必要があること,3)グランドファザリングによる水利権の初期配分については,地域的な公平性の観点から工夫していく必要があること等が明らかにされた.
  • 中川 稔, 佐々木 勝, 山本 晶三
    農業土木学会誌
    1983年 51 巻 3 号 229-235,a1
    発行日: 1983/03/01
    公開日: 2011/08/11
    ジャーナル フリー
    国営土地改良事業に係る農業水利権の保有者は, 原則として国とされてきた。しかし, 元の水利権所有者等からは, 国が保有する水利権について, 譲渡の要望が具体的になされるケースが発生してきた。そこで, 農業水利はだれに帰属すべきかについて, 慣行水利権の考え方, 土地改良法および河川法上の扱い並びに現行の運用について検討を加え, さらに水利権譲渡の今後の方向をさぐる。
    譲渡事例として国営鏑川地区を紹介する。
  • 農業用水合理化と水利紛争
    小林 三衛, 小川 竹一, 片岡 直樹
    法社会学
    1985年 1985 巻 37 号 100-123,229
    発行日: 1985/03/20
    公開日: 2009/01/15
    ジャーナル フリー
    1. Present State of Rationalized Agricultural Water Use Projects-the Case of Kasai Water Use-
    Rationalized Agricultural Water Use refers to the enterprise of diverting surplus water yielded from the modernization of agricultural irrigation facilities to other uses. Examination of this enterprise as undertaken by Gongendo and Satteryo of Saitama Prefecture ("Kasai Water Use") reveals that in this case, a considerable change in agricultural water use has arisen. This change has occured in three areas: water rights, water use systems, and water management and use. Such change, in turn, reflects the strengthened control of agricultural water use by river managers.
    With this rationalization as the momentum, on the one hand, orderly systeme of water rights developed from the intervention of river managers between agricultural water users and other users. And, on the other hand, management and use are divided within agricultural water use itself, with the formation of the internal order of agricultural water use resulting from the unification of the management aspect. These points require further examination.
    2. Legal Issues of Rationalized Agricultural Water Use
    In the areas where agricultural water use has been rationalized, "water rights", which had collectively represented various types of water utilization (collection, supply, irrigation, and use) has come to have a multi-layered composition resulting from the division of the function of each type of water utilization.
    The diversion of water through rationalization has taken the form of a sale of water. Even if changed to a system of water rights based on official permission, the right to dispose of such water rights remains in the hand of the land improvement district. However, the transfer of water rights in relation to the diversion of water through rationalization is subject to certain restrictions. It may be regarded as so-called public purpose restrictions, which will require further examination as to their contents. In addition, intervention in the process of diversion by river managers are, to some extent, inevitable.
    It is essential to examine the terms of restrictions to rationalized diversions and the intervention by river managers, as well as to establish the rules governing the sale of water rights.
    3. Types and Problems of Water Use Disputes
    Water use disputes can be divided into two major categories: those among the various types of agricultural water users and those between agricultural water users and other users. The causes of disputes among the various agricultural water users include: 1) new rice field development; 2) new agricultural water use projects, 3) improvements of water use facilities; and 4) responsibility for the costs of maintaining and managing such water use facilities. The disputes between agricultural water users and other users can be traced to: 1) overall developments of metropolitan water use; 2) development of power resources; 3) improvement of rivers; 4) deterioration of riverbeds; 5) rationalization of agricultural water use; and 6) damage to water quality due to industrical waste and residential effluents.
    Since the end of World War II, among agricultural water uses, irrigation and drainage projects have been carried out and water supplies have shown relative improvement. And while old-fashioned forms of water use disputes have diminished, conflicts between agricultural users and the increasing demands of metropolitan water use or water use developments have begun to attract attention.
    Characteristic of the water use disputes are that in settling of the water use disputes, administrative agencies are plaxing the role of mediator and/or arbitrator, while, on the other hand, the national and prefectural governments conduct water use enterprises and have come to hold their own rights in water use.
  • 中村 義文
    農業土木学会誌
    1983年 51 巻 1 号 44
    発行日: 1983/01/01
    公開日: 2011/08/11
    ジャーナル フリー
  • — 低水管理としての意義と今後の可能性 —
    杉浦 未希子
    農業農村工学会論文集
    2017年 85 巻 1 号 I_23-I_28
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/02/08
    ジャーナル フリー
    いわゆる環境用水水利権とは, 他の水利権のような河道外での排他的使用を想定しない, 河川以外の水路等への導水による特殊水利権であり, その本質は河川法が及ばない水環境を利用した, 河川管理者による河川低水管理である.河川水に対する思潮の大きな変化を受けて登場し, 生物多様性の保全と持続可能性に価値を置く新奇性と, 豊水時に限り取水が可能であり, 3年更新で最劣後の水利権である等の特異性がある.既存の土地改良管理施設(農業用用排水路)を利用した最初期の環境用水水利権では, 水質改善(希釈)を主目的とした.同施設の管理に関する知識と経験を持つ土地改良区が, なんらかの対価を受け取りつつ関与していくことは, 初期投資や管理コストを抑えながら本来の意義を発揮させうるという意味で, 水利権者である地方自治体にとっても魅力のある選択肢のひとつとなるだろう.
  • -栃木県文書史料の分析を通して-
    堀川 洋子, 佐藤 政良, 石井 敦
    農村計画学会誌
    2017年 36 巻 Special_Issue 号 323-329
    発行日: 2017/11/20
    公開日: 2018/11/20
    ジャーナル フリー

    This paper aims to clarify the realities of applications for water rights from hydropower generation in the Kinu River in the Meiji Era, when Japan’s power generation industry began. Through analyses of related documents, including confidential background papers, it also examines how the Tochigi prefectural government handled the applications. The documents reveal that: 1) different people rushed to file applications just to make sales, 2) the prefectural government’s engineers were devoted to avoiding conflicts with existing local irrigation projects at cost to the company, and 3) the accepted rights were later sold to another company to be used on a different project.

  • 水量侵害に対する法的救済の判例分析を中心として
    宮崎 淳
    水資源・環境研究
    2009年 22 巻 1-12
    発行日: 2010/03/31
    公開日: 2011/06/24
    ジャーナル フリー
    渇水等の水不足が生じるリスクが高まるほど、水利権の水量侵害が顕在化しやすくなる。水資源が豊富であったときには潜在化していた水利権の優劣問題が、絶対的水量の減少によって表面に現われるからである。水量侵害の事案では、同一水流において競合する慣行水利権の存否およびそれら権利相互間の優劣関係が問題となる。水利権が専用権として他の権利より優先されるのか、または余水利用権として他のものより劣後の地位に置かれるのか、それとも共用権として権利者が平等に流水を利用できるのかが争点となるため、慣行水利権の効力はその類型に投影されているといえよう。そこで、水量侵害の裁判例において、どのような法的救済が認容または否認されるかについて分析することによって、専用権、共用権、余水利用権の3つの慣行水利権の類型につき、それらの効力を詳細に考察した。そして、水資源分配の仕組みとしての3類型は、共用権を基軸に構成されるべきであり、慣行水利権の原型を共用権に求めることによって、そこから専用権と余水利用権の2類型が派生することについて考究した。
  • -マレー灌漑地区を事例として-
    木下 幸雄, Lin Crase
    農業経営研究
    2004年 42 巻 1 号 157-160
    発行日: 2004年
    公開日: 2012/10/29
    ジャーナル フリー
  • 金沢 良雄
    水利科学
    1978年 22 巻 1 号 35-43
    発行日: 1978/04/01
    公開日: 2020/04/16
    ジャーナル フリー
  • 東郷 佳朗
    法社会学
    1998年 1998 巻 50 号 135-139,288
    発行日: 1998/03/20
    公開日: 2009/01/15
    ジャーナル フリー
    The group which makes use of water for agricultural purpose has three aspects-a user of water, a manager of water-use facilities and a holder of water right. When such a group was the traditional village community, in which water right was held in common, these aspects were unified under the one subject. Nowadays they are independent of each other, because the modern agricultural water-use system is functionally differentiated. In the main water-use form of Japanese agriculture, each individual farmer is a user of water and the land improvement district is a manager of facilities and holder of right, or, when the land improvement project has been carried out by the national or prefectural government, each individual farmer is a user of water, the land improvement district is a manager of facilities and the Minister of Agriculture, Forestry and Fisheries or the prefectural governor is a holder of right. Consequently the common sphere which the village community has occupied before cannot avoid the disintegration into the private sphere of each individual farmer and the public sphere of the land improvement district.
    The purpose of this paper is to analyse the above-mentioned modern structure of agricultural water use, placing the focus on agricultural water right, and to consider what the new water-use subjects should be.
  • 2.水利権と河川協議
    佐々木 勝, 千賀 裕太郎, 川尻 裕一郎, 延藤 隆也
    農業土木学会誌
    1981年 49 巻 2 号 143-150
    発行日: 1981/02/01
    公開日: 2011/08/11
    ジャーナル フリー
  • 熊谷 開作
    法制史研究
    1952年 1952 巻 2 号 141-142
    発行日: 1953/03/31
    公開日: 2009/11/16
    ジャーナル フリー
  • 金沢 良雄
    水利科学
    1978年 22 巻 2 号 53-63
    発行日: 1978/06/01
    公開日: 2020/04/16
    ジャーナル フリー
  • 新沢 嘉芽統, 華山 謙
    農業土木学会誌
    1967年 35 巻 4 号 210
    発行日: 1967/07/25
    公開日: 2011/03/09
    ジャーナル フリー
  • 山崎 大
    水文・水資源学会誌
    2015年 28 巻 5 号 261-262
    発行日: 2015/09/05
    公開日: 2015/10/07
    ジャーナル フリー
  • 小泉 恒紀, 中井 検裕, 沼田 麻美子
    都市計画論文集
    2018年 53 巻 3 号 431-438
    発行日: 2018/10/25
    公開日: 2018/10/25
    ジャーナル オープンアクセス
    水質、景観、生態系等に関する水利権として制度化された環境用水は、想定されている効果の他に、用水としての現代的な多面的効果を発揮し、市民という新たな受益者の顕在化により、用水及び地域の持続性へ寄与する可能性を有する。これを踏まえ本研究は、環境用水が用水及び市街地へ与える多面的効果を明らかにし、今後の環境用水のあり方を考察することを目的としている。環境用水水利権の取得地区3件にて調査を実施した結果、水利権取得のために実施された市民参加プロセスが市民主体の人的ネットワークを構築し、通水後は流域における新規及び既存主体の協働により、新たな活動や効果が連鎖的に発現している状況が明らかとなった。このことから環境用水は、かつて用水流域に存在していた水を利用する主体間の秩序やネットワークを、用水の通水や管理を通じて再構築し、現代的な多面的効果を用水流域へ創出する装置として捉えられる。環境用水による効果を最大化させるためには、環境用水に関する施策を水利権取得という目的に留まることなく、地域におけるまちづくりの手段として位置付けることが重要であり、それによる用水を軸とした流域ガバナンスの構築が期待できる。
  • ニュー・サウス・ウェールズ州を中心に
    木下 幸雄, CRASE Lin
    農業土木学会論文集
    2006年 2006 巻 244 号 413-422
    発行日: 2006/08/25
    公開日: 2011/08/11
    ジャーナル フリー
    本研究の目的は, オーストラリアのニュー・サウス・ウェールズ州を中心として, 灌漑用水市場化の実態と問題点を明らかにすることにある.実態の観察を通して知見を得ていくアプローチにより, 用水市場化の背景を検討した結果, 政策的要因, 自然的要因, 制度的要因があることがわかった.分析対象地域としたマレー地域などの観察を通して, 灌漑用水取引を巡る市場構造について検討したところ, 水融通の特徴や水利権売買の停滞性など用水市場の特性が明らかにされた.また, 用水市場の成立条件, 資産としての水利権の劣化の可能性, 用水市場化政策との整合性についても考察を加え, 用水市場化を巡る新たな論点を提示した.
feedback
Top