詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "男の娘"
18件中 1-18の結果を表示しています
  • 徳江 剛
    日本近代文学
    2014年 91 巻 280-
    発行日: 2014/11/15
    公開日: 2017/06/01
    ジャーナル フリー
  • 金澤 康徳
    糖尿病
    1996年 39 巻 3 号 171-174
    発行日: 1996/03/30
    公開日: 2011/03/02
    ジャーナル フリー
  • 広戸 幾一郎, 平野 実, 吉田 義一
    日本耳鼻咽喉科学会会報
    1965年 68 巻 6 号 787-798
    発行日: 1965年
    公開日: 2008/07/31
    ジャーナル フリー
    Four cases of Treacher Collins syndrome, three brothers and the eldest brother's daughter in the same family, were reported. The characteristic fish-like facial appearance and the bilateral conductive ductive deafness were common findings in all of them.
    In the first case, a male aged 37 years, the hypoplasia of the maxillae and mandible, anti-mongoloid inclination of the palpebral fissures, myopia and strabismus divergens were found. His auricles were flat and positioned unusually low. Roentgenologic examinations revealed highly inhibited pneumatisation, especially absence of the antrum, unusually large frontal sinuses and a small sella turcica. Average hearing loss in speech range was 52.50db on the right ear and 53.75db on the left.
    In the second case, a male aged 35 years, the development of the facial bones was more disturbed than in the first case. The anti-mongoloid obliquity of the the lid axis, strabismus divergens, high palate with a fistula on the midline, nonprominent crura antihelicis, congenital fistula on the auricles and narrow external auditory meatus were noted. Roentgenologic findings of ears were similar as in the first case. Audiometric examinations revealed conductive deafness of both ears: hearing loss was 47.50db on the right and 52.50db on the left.
    In the third case, a male aged 30 years, the obliquity of the lid axis, strabismus divergens, large frontal sinuses, high palate, macrostomia, macrog- lossia and malocclusion of the teeth were noted. His hair grew in the form of tongue-shaped process of the hair-line extending towards the cheeks. Otological examinations revealed a lower than normal position of auricles, narrow and curved external auditory meatus, underdevelopment of the antrum and mastoid cells and conductive hearing loss of 41.25db on the right and 52.50db on the left.
    The fourth case was a daughter of the first case, aged 9 years. Typical facial features, such as disappearance of the frontonasal angle, micrognathia, hair-tongue on both cheeks, were noted. The left microtia with atresia auris and the right with extremely narrow external auditory canal were remarkable in this case. Roentgenological examinations showed markedly inhibited pneumatisation of the temporal bone with absence of the left tympanic cavity. Hearing loss was 40db in both cars.
    In the second and third cases, tympanoplasty (Wullstein's the third type) was done on bilateral ears and hearing acuity was improved in each ear. The main operative findings of these four ears were as follows:
    1) unusually large suprameatal spine,
    2) abnormal extension of the auricular cartilage into the osseous meatus,
    3) absence of the antrum and narrow attic,
    4) absence of the incus and slight or moderate malformation of the malleus and stapes,
    5) absence of stapedial muscle,
    6) no appearance of the chorda tympani in the tympanic cavity associated with abnormal course of the facial nerve,
    7) no inflammatory process, no ankylosis, no adhesion.
    Pathogenesis, heredity, clinical symptoms and operative findings in this syndrome were discussed in detail. The authors emphasized that the hearing loss in this syndrome should be improved by tympanoplasty.
  • 斎藤 公司, 友常 靖子, 山本 邦宏, 斉藤 寿一, 葛谷 健, 吉田 尚
    日本内科学会雑誌
    1979年 68 巻 11 号 1466-1472
    発行日: 1979/11/10
    公開日: 2008/06/12
    ジャーナル フリー
    著明な白血球増加と高カルシウム血症とを合併した甲状腺原発扁平上皮癌の1例を報告する.症例は71才の女性で疼痛を伴う前頚部腫瘤,嚥下困難,咳嗽喀痰のため入院した. 50年以上の甲状腺腫歴があり入院3カ月前になり腫瘤の増大傾向と疼痛が出現した.入院時甲状腺左葉に一致した7cm×7cmの圧痛を伴う硬い腫瘤を認め,胸部X線写真上全肺野に大小の結節状陰影を認めた.白血球数は, 26000/mm3 (好中球84%),血清カルシウム11.9mg/dl,血清無機リン3.2mg/dlであつた.甲状腺生検と喀痰細胞診より甲状腺未分化癌とその肺転移を疑いアドリアマイシンによる化学療法を開始したが,経過は極めて急速で入院算23日目に死亡した.剖検診断は甲状腺原発扁平上皮癌であつた.甲状腺原発扁平上皮癌は希有な疾患であるだけでなくその臨床像は未分化癌に近く経過が急速で種々の治療に抵抗性であるといわれ,本例はその典型であつた.本例はさらに著明な白血球増加と高カルシウム血症とを同時に合併しており,これらは腫瘍が産生する液性因子によるとの想定のもとに我々はヌードマウスへの癌の移植をみた.ヌードマウスにてこれらの随伴現象は見事に再現され,腫瘍の活性因子産生を一応証明し得た.経過の速い扁平上皮癌に白血球増加と高カルシウム血症が合併する例は本例が3例目であり,これらが一つの症候群である可能性が示唆された.
  • 岩渕 澄夫, 阿部 広幸, 山下 忍, 扇内 秀樹, 河西 一秀
    日本口腔外科学会雑誌
    1978年 24 巻 5 号 917-922
    発行日: 1978/10/15
    公開日: 2011/07/25
    ジャーナル フリー
  • 佐藤 正樹
    ドイツ文學
    1984年 72 巻 43-51
    発行日: 1984/03/01
    公開日: 2009/01/30
    ジャーナル フリー
    Der Zeitraum vom November 1845, wo Hebbel in Wien ankam, bis zum Ausbruch der Wiener Revolution war sowohl in seinem Privatleben als auch im Dramenschaffen ein Übergang von der alten zur neuen Zeit: dort Hochzeit mit Christine und Versöhnungsversuch mit Elise, Geburt der Tochter Christines und Tod des Sohns Elises, und hier Richtungsumschlag vom “Zeitdrama”, dessen Stoff aus der Zeit, wo Hebbel lebte stammt, ins “Geschichtsdrama”, dessen Stoff aus der Historie, dem Mythos, der Sage u. a. stammt.
    Nun wird aber Hebbels Schaffensprinzip des Dramas von zwei Konflikten gestützt: dem räumlichen und zeitlichen (Sengle). Der räumliche bedeutet den Kampf, den ein “großes” Individuum aufgrund seiner neuen moralischen Überzeugung gegen das alte Ganze, das “Alles bedingende sittliche Centrum”, führt, und der zeitliche bedeutet die Gegenüberstellung von der alten mit der neuen Zeit, denn die alt gewordene Welt muß in einer historischen Übergangsperiode erneuert werden, was von einem großen Individuum verwirklicht wird. Aber Hebbel ist in Italien darauf gestoßen, in den “Zeitdramen” jenes Kunstprinzip nicht mehr aufrechterhalten zu können, weil in der Gegenwart weder ein großes Individuum noch eine Welt als ein “sittliches Centrum” gefunden wird und weil das den Kampf der beiden Zeiten Versöhnende noch im Dunkel der unbekannten Zukunft liegt. Hier lag die Notwendigkeit, mit der Hebbel das “Zeitdrama” verlassen und in den Kreis des “Geschichtsdramas” eintreten mußte. Das auf jener Dramentheorie basierende “Zeitdrama” Hebbels tritt in “Ein Trauerspiel in Sicilien” und in “Julia” in den Hintergrund seines Schaffens. Es wurde schon am ersten “Geschichtsdrama” “Herodes und Mariamne” gearbeitet, aber ehe das noch vollendet werden konnte, begegnete ihm die Revolution.
    Damals wollte er sehr eifrig an der Politik teilnehmen, aber er wurde bald daran gehindert: durch seine stark norddeutsche Mundart, die den Wienern sehr fremdartig war, durch seine dänische Staatsangehörigkeit und durch sein festes, hartnäckiges Deutschtum. Eben durch diese Politik, die ihn so nie beglückt hatte, hat er aber ein anderes großes Glück gewonnen, denn es geschah, daß seine Dramen, die bis dahin nicht so oft auf die Bühne gebracht wurden, dutch die Abschaffung der Zensur dauernd in Wien gespielt wurden, was aus ihm allmählich eine “Respectsperson” machte. So ist er denn gegenüber den revolutionären Bewegungen mehr und mehr zum Zuschauer und Beobachter geworden und wünschte keinen Fortgang der Revolution mehr, weil ihm schien, daß ihre Fortentwicklung die ganze Zivilisation doch noch vielleicht zerstören mochte.
    Wenn Hebbel nun sagt, seine Dramentheorie sei durch die Wiener Ereignisse “factisch bestätigt” worden, warum kehrte er denn nicht wieder zum “Zeitdrama” zurück? Seine Tagebücher zeigen uns sehr deutlich, wie seine Hoffnung auf die Zukunft der Revolution zur Enttäuschung, ja, schließlich zur Resignation entartete. Denn das nach einer Übergangsperiode Aufgetretene war nicht immer etwas Neues und Besseres. Darüber hinaus gab es für ihn in der Gegenwart weder ein “großes” Individuum—es gab nur eine “Masse” —noch ein Ganzes als ein moralisches Zentrum. Wenn man aber einen “alten” Staat nicht aushalten kann, dann könnte leicht ein “Chaos” eintreten und das Privatleben zerstört werden. Hebbel mußte sein glückliches Privatleben, das er endlich nach langem Kampf mit drückender Armut gewonnen hatte, partout verteidigen
  • 吉田 巖
    人類學雜誌
    1914年 29 巻 7 号 267-276
    発行日: 1914/07/20
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
  • 中山 文
    日本ジェンダー研究
    2008年 2008 巻 11 号 1-13
    発行日: 2008/09/15
    公開日: 2010/03/17
    ジャーナル フリー
  • 黒崎 浩行
    佛教文化学会紀要
    1996年 1996 巻 4-5 号 179-196
    発行日: 1996/11/10
    公開日: 2009/08/21
    ジャーナル フリー
  • 橋本 一郎
    HISPANICA / HISPÁNICA
    1966年 1966 巻 11 号 1-15
    発行日: 1966/11/01
    公開日: 2010/06/11
    ジャーナル フリー
  • 三好 豊
    農業史研究
    2008年 42 巻 58-70
    発行日: 2008年
    公開日: 2017/03/23
    ジャーナル オープンアクセス
    The purpose of this paper is to clarify the roots for the post-war cultivation, based on analysis of life history of the leaders in post-war cultivated highland from the pre- war days, in the trend of society and economy, considering the defeat on the pacific war. To approach the above subject, I analyzed correspond to the life history of the leaders, (1) the characteristics in their youth, (2) the roots development and result in the cultivation in Manchuria, (3) the roots for the post-war cultivation, (4) the characteristics in the construction of the basement farm for production increase, (5) the characteristics in the selection of crops in the development of farming in post-war cultivated highland, (6) the characteristics in the appearance of the power of leaders and the succession of their leadership. As a result, it is clarified that the experience in farming for cultivation in Manchuria of the leaders in pre-war days and the wartime effect the development in the farming for cultivation in the post-war days from the beginning of settlement to the present, in Onogahara village, the area of case study.
  • 小池 誠
    比較家族史研究
    2013年 27 巻 7-26
    発行日: 2013/03/31
    公開日: 2014/03/31
    ジャーナル フリー
  • 慶田 勝彦
    民族學研究
    2002年 67 巻 3 号 289-308
    発行日: 2002/12/30
    公開日: 2018/03/27
    ジャーナル フリー
    本稿では、ケニア海岸部のミジケンダ・グループにおいて流通している妖術の言説を中心に、近年リバイバル化している妖術研究のコンテクストの下で民族医療を再検討する。現在、妖術として言及される行為の一部は民族医療的な知識や技術として医療化されている。しかしながら、妖術は宗教や信仰として医療からは拒絶されたものとして登場し、次には近代医療とは異なる現地固有の医療として発見され、そして、近代医療と相互に入れ替わることができる医療の可能性としてロマン化されるに至り、さらにそのロマン化は近代医療と民族医療を、しばしば不均衡な差異を保留したままで、同等のものとして併置しようとしている。私は、このような植民地的想像力に対して、妖術と呼ばれてきた社会文化的な想像力が応答している領域を妖術の翻訳領域と規定し、その翻訳のプロセスに焦点をあてる。特に、妖術の翻訳領域においては、薬や医療的行為を媒介とした身体への接触とその結果身体に生じる変化が重要な位置を占める。ここでは、宣教医療と土着の身体、人類学者の医療的身体、土着の近代医療者の身体、そして妖術として主題化される現地の身体に関する医療的な接触と身体変化ついて多角的に言及する。さらに、妖術として主題化される身体は、法的な身体と医療的な身体とに分化しているようにみえる理由について、身体を中心化する言説タイプの差異に着目して検討することになるが、結論として、妖術は基本的には呪薬を媒介とした身体接触とその結果生じる身体変化を個人間の異なる対決の構図へと絡みとりながら、その構図自体をも生成させている現在進行中の強力な社会文化的想像力であることを示す。
  • 渡辺 仁
    民族學研究
    1965年 29 巻 3 号 206-217
    発行日: 1965/01/30
    公開日: 2018/03/27
    ジャーナル フリー
    従来不明であったアイヌ熊祭の社会的側面を追求し, 前代アイヌのそれが男子の父系血縁集団を中核とする地縁集団(Shine itokpa group)を単位として組織された集団儀礼であることを確めた。また現今まで問題視されてきたアイヌーギリヤーク式熊祭(クマの飼育を伴うもの)の分布の局限性をとりあげ, その分布の位置と範囲が単なる歴史的偶然の結果ではなく生態的条件に起因すると解釈した。その条件として指摘したのは定住性と食物余剰である。
  • 秋山 喜代子
    史学雑誌
    1993年 102 巻 1 号 64-88,163-162
    発行日: 1993/01/20
    公開日: 2017/11/29
    ジャーナル フリー
    Regarding the problem of where and by whom children were raised, our general belief is that they were usually brought up by there own parents after ie 家 system was established in the medieval era. In fact, however, many were entrusted to foster parents as satogo 里子, which meant that lords committed their children to the care of their servants, both male (menoto 乳父) and female (menoto 乳母). These children were called yashinaigimi 養君. Satogo was different from the same term used for the custom from the early modern era on, when children were adopted by farmers living in suburban areas. This article aims to examine the overall ideas about upbringing and guardianship of children in the medieval era. Children who became yashinaigimi were those born of mistresses, those who could not expect to inherit the household, and those who had no caretakers or guardians for reason that their fathers had died or that their maternal relatives were not in power in the case of the Imperial family. These children were discriminated against and ill-treated, and lived lives evidently different from the legitimate children who were brought up in the house holds of their fathers and were privileged in many ways. Male and female menoto guarded and supported yashinaigimi instead of their parents, or their maternal relatives in the case of the Imperial family. Yashinaigimi lived with their menoto until the age between eleven and thirteen, at which time they were considered adults and thus expected to live independently. Male yashinaigimi usually became priests and many of the females became nyobo 女房. What should be noted as a political feature of this system is that some yashinaigimi, who were basically eliminated in the nomination for succession to the throne, were suddenly enthroned in time of war or by the sudden death of an Emperor. In such cases, the familles of their menoto played the role of guardians in place of maternal relatives. Such a custom, which was established in the early 12th century in parallel with the systematization of ie inherited by the legitimate children, became more prevalent in the late medieval era during which the ie system was firmly established, and was finally transformed into the adoption system of the kinsei era.
  • 上村 明
    文化人類学
    2017年 82 巻 1 号 014-034
    発行日: 2017年
    公開日: 2018/03/15
    ジャーナル フリー

    本論文は、家内生産活動として牧畜を営む世帯(以下、「牧畜世帯」と呼ぶ)を様々な関係が交差し束ねられている結節点ととらえ、モンゴル国における1990年代以降の市場経済化が、その多様な形態を生成してきたことを記述する。そして、市場経済化に適応する過程における牧畜民のアクターとしての性格を明らかにする。

    1990年代初めの牧畜協同組合の解体は、家畜飼育世帯を増加させ、牧畜世帯と居住集団の様々な形態を生み出した。また、郡センターなど定住地と牧畜の現場との間を往復する生活形式も定着させていった。しかし、家畜の頭数が増加するにしたがって、単独世帯が居住集団の大部分を占め、それとともに移動の手段としての車の必要性が増し、ゲルの縮小化が起こった。複数の世帯が持つ要素を加算することで、牧畜世帯と居住集団、そして協力関係の多様性が生み出される状況は終わり、牧畜世帯は、その理念型から何かを減算することで、変化に適応するようになった。

    牧畜世帯と居住集団の変化を見てくると、経済・社会的な条件が大きく作用していることは確かだが、具体的な世帯や居住集団が構成されるのには、些細ともいえる条件が決定的な役割を果たすことがある。つまり、生態的にも社会的にも予測できない条件が、重層的に絡みあって、牧畜世帯と居住集団のあり方が決定されるのである。そこには、閉じて定まった条件のリストがあるわけではない。移動牧畜は、単にバイオマスの変動に対して適応しているのではなく、生態的条件と社会的条件の間には相互に規定しあう複雑な過程が存在する。牧畜民は、状況に翻弄される客体でもなく、適応「戦略」の主体でもない。また、機会をうかがう「戦術家」のような存在でもなく、生態的、社会的条件が絡みあった環境がアフォードする何かを対話的・探索的に資源化するアクターと言える。

  • 丸山 民夫
    農業土木学会誌
    1990年 58 巻 8 号 783-788,a1
    発行日: 1990/08/01
    公開日: 2011/08/11
    ジャーナル フリー
    三春ダムを事例として, 相続慣行と代替地の選定行動について分析し, その規定要因を明らかにする。その結果, 多産の出産行動, 労働力水準, 学歴, 賃金水準などによって形成される財産の家産的性格, 男子優先, 単独相続慣行が規定要因となり, 複合的収益構造のもとで, 家族は依然として伝統的な家族形態を営み, 多核世帯, 拡大世帯の世帯類型を維持し, 家族生活の中で扶養は実践され, 生活は再生産されていることが明らかとなった。
    この意味において相続慣行は, 家産並びに伝統的生活様式を再生産する機能を持つということができ, それが水没移転を契機としたライフコースの流れとして, 伝統的な家族形態の再生産に結びついていることが示された。
  • 深山 華織, 中村 裕美子
    老年看護学
    2015年 19 巻 2 号 75-84
    発行日: 2015/03/30
    公開日: 2017/08/01
    ジャーナル フリー
    本研究の目的は,同居家族の就労により日中独居ですごす要介護高齢者の不安を生じさせる事柄とその対処について明らかにすることである.対象は訪問看護を利用している日中独居高齢者9人とし,調査は半構成的面接法を用いて,質的記述的に分析した.結果,日中独居高齢者は,不自由な身体から1人での【事故の起こりやすい生活】【自分の望まない範囲に定められた環境】【孤独を感じる静かな空間】【孤立した無為な生活】によって不安を抱きながらすごしていた.これら不安への問題焦点型対処として,1人でも安全にすごせるよう【1人でも困らないよう自ら行動に移す】【自分でできる対応を想定しておく】など自立を目指した行動をとっていた.一方,情動焦点型対処として,日中独居高齢者の不安は何らかの支援がないと解決できないことが多いため,家族の帰宅を待ち【その場をやりすごす】【1人の時間に気持ちを整える】などによって不安を緩和し心の安定を図っていた.
feedback
Top