日本地理学会発表要旨集
2013年度日本地理学会秋季学術大会
セッションID: P019
会議情報

発表要旨
地誌学的視点の一般への普及
旅行ガイドブックを使った試み
*長谷川 直子宮岡 邦任元木 理寿大八木 英夫谷口 智雅戸田 真夏山下 琢巳横山 俊一
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

2013年春の日本地理学会において、地理学の社会的役割を考えるというシンポジウムが開催された。発表者の何人かは、一般の人に地理学的な視点(広い視野、総合的な視点、現象間の関係性を理解する)がないことが問題であると指摘していた。それでは一般の人にそのような視点を持ってもらうためにはどうしたら良いか。具体的に何か作成し、普及できないか。そのような視点に立ち、筆者らは2013年春から研究グループを立ち上げて活動を開始している。地誌学的な視点の一般への普及の手段として、地誌学の視点から地域を理解する教材を子供向け(義務教育における副読本や教員向け実践実例集等)と大人向け(旅行ガイドブック)に作成できないか考えた。現在市販されているガイドブックを地誌学の視点から眺めると、単なるスポット・事象の羅列になっており、スポット間の関係性や、スポット・事象がそこに存在する理由などの地誌学的説明が見られない。旅行ガイドブックにこれらの説明をうまく入れられれば、旅行者がガイドブックを読むことで地誌学的視点が身に付くようになるのではないかと考えられる。そして、観光ガイドブックにどのように項目を取り上げ、地誌学的な記載をするかについて、検討を行った。

著者関連情報
© 2013 公益社団法人 日本地理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top