日本補綴歯科学会誌
Online ISSN : 1883-6860
Print ISSN : 1883-4426
ISSN-L : 1883-4426
原著論文
新しいマイクロ波重合型義歯床用レジン重合法(フィードバック重合法)の開発
後藤 東太山下 秀一郎中塚 佑介新村 弘子片瀨 剛士杉田 乃亮堀田 宏巳伊藤 充雄溝口 利英
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2012 年 4 巻 2 号 p. 201-210

詳細
抄録

目的:本研究では,マイクロ波重合レジンの重合温度を直接かつ正確に測定し,重合温度の測定結果を電子レンジの出力にフィードバックすることで,重合温度をコントロールする新しいマイクロ波レジン重合法の開発を目的とした.
方法:レジン重合時の温度測定には,温度センサーとして蛍光式ファイバー温度計を使用した.この測定結果を出力にフィードバックし,重合装置の出力をコントロールする重合法を新たに開発した(フィードバック重合法).この重合法と比較するために,500 W・3分間の重合法,60℃と100℃でそれぞれ40分間加熱する重合法,70℃・24時間の低温長時間重合法の3 条件の重合法を設定した.これらの4条件で製作した試験試料に対して,適合性および,その他の理工学的性質について分析を行った.
結果:適合性試験,三点曲げ試験およびビッカース硬さ試験では,フィードバック重合法の値が他の重合方法と比較して同等かそれよりも良好な値を示した.一方,残留モノマー量測定試験と細胞毒性試験では,フィードバック重合法の値が低温長時間重合法に次いで不良な値を示した.
結論:フィードバック重合法重合法は,一部の結果を除き,適合性ならびに機械的性質に優れた重合方法であることが明らかとなった.

著者関連情報
© 2012 社団法人日本補綴歯科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top