日本補綴歯科学会誌
Online ISSN : 1883-6860
Print ISSN : 1883-4426
ISSN-L : 1883-4426
専門医症例報告
ミリング・テクニックを用いた補綴処置の一症例
片瀬 志穂
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2012 年 4 巻 2 号 p. 211-214

詳細
抄録

症例の概要:患者は51歳女性.下顎左側小臼歯部辺縁歯肉の違和感,下顎左側大臼歯部欠損による咀嚼困難を主訴に来院.歯周治療後,ミリング・テクニックを用いた部分床義歯を装着し咬合の回復を図った.
考察:装着後4年経過時に,支台歯の歯根破折が認められた.これは,高い機能力が発揮されたがゆえの弊害であったと考察される.しかし,QOLに関する客観的な評価は良好な結果を示しており,本症例における治療計画は妥当であったと判断される.
結論:片側性に大臼歯の喪失した症例に対して,機能時の義歯の動きを抑制する目的でミリング・テクニックを用いたことは,咀嚼機能を回復し,QOLの向上にとって有効であった.

著者関連情報
© 2012 社団法人日本補綴歯科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top