赤門マネジメント・レビュー
Online ISSN : 1347-4448
Print ISSN : 1348-5504
ISSN-L : 1347-4448
コンピュータ産業研究会報告
御社の特許戦略がダメな理由
長谷川 曉司
著者情報
キーワード: 特許, 戦略, 化学製品
ジャーナル オープンアクセス

2011 年 10 巻 9 号 p. 661-674

詳細
抄録

近年、特許の重要性が高まっているが、特許戦略のイメージは未だ確立されていない。今までの日本では特許は守りのイメージで考えられていたが、今後は攻めのイメージで特許を捉える必要がある。そのためには全社的に特許戦略を考えていくことが重要であると言える。特許戦略を考える際には、事業部門、研究部門、特許部門で特許を取得する目的を明確にし、競合他社が模倣することができない範囲を検討する必要がある。このように特許戦略を考えることが他社の参入を極力排除し事業の収益に大きな影響を与えるのである。

著者関連情報
© 2011 特定非営利活動法人 グローバルビジネスリサーチセンター
前の記事
feedback
Top