J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

赤門マネジメント・レビュー
Vol. 14 (2015) No. 3 p. 99-126

記事言語:

http://doi.org/10.14955/amr.140301

査読つき研究ノート
  • Burgelman, R. A., & Sayles, L. R. (1986). Inside corporate innovation: Strategy, structure, and managerial skills. New York, NY: Free Press. 邦訳 R. A. Burgelman, L. R. Sayles (1987)『企業内ベンチャー:社内ベンチャー成功への戦略組織化と管理技法』小山和伸, 海老沢栄一訳. ソーテック社.
  • Gluckman, E., Broxmeyer, H. E., Auerbach, A. D., Friedman, H. S., Douglas, G. W., Devergie, A., . . . Boyse, E.A. (1989). Hematopoietic reconstitution in a patient with Fanconis anemia by means of umbilical-cord blood from an HLA-identical sibling. New England Journal of Medicine, 321(17), 1174–1178.
  • 原宏 (2006)『臍帯血移植』新興医学出版社.
  • 畠賢一郎 (2010)「細胞の製造工程と培養装置への期待」紀ノ岡正博, 酒井康行監修『細胞治療・ 再生医療のための培養システム』(pp. 25–32). シーエムシー出版.
  • 鐘淵化学工業株式会社 (1990)『化学を超えて:カネカ40 年の技術水脈』鐘淵化学工業.
  • 中内啓光 (2009)「幹細胞の基礎と応用」阿形清和, 中内啓光, 山中伸弥, 岡野栄之, 大和雅之著『現代生物科学入門 7 再生医療生物学』(pp. 27–67). 岩波書店.
  • 小川進(2000)『イノベーションの発生論理:メーカー主導の開発体制を超えて』千倉書房.
  • Rubinstein, P., Taylor, P. E., Scaradavou, A., Adamson, J. W., Migliaccio, G., Emanuel, D., . . . Stevens, C. D. (1994). Unrelated placental blood for bone marrow reconstitution: Organization of the placental blood program. Blood Cells, 20(2-3), 587–600.
  • Schon, D. A. (1967). Technology and change. New York, NY: Delacorte Press. 邦訳, D. A. Schon (1970) 『技術と変化:テクノロジーの波及効果』松井好, 牧山武, 寺崎実訳. 産業能率短期大学出版部.
  • 戸口田淳也 (2010)「間葉系幹細胞―疑問と期待に満ちた組織幹細胞」中辻憲夫, 中内啓光監修, 梅澤明弘, 末盛博文, 高橋淳編『再生医療の最前線2010:ES・iPS・組織幹細胞の特性の理解と分化誘導、創薬・臨床応用に向けた品質管理、安全性の基盤技術』(pp. 121–126). 羊土社.
  • von Hippel, E. (1994). “Sticky information” and the locus of problem solving: Implications for innovation. Management Science, 40(4), 429–439.
Copyright © 2015 特定非営利活動法人 グローバルビジネスリサーチセンター

記事ツール

この記事を共有