赤門マネジメント・レビュー
Online ISSN : 1347-4448
Print ISSN : 1348-5504
コンピュータ産業研究会報告
汎用人工知能と第二の大分岐
井上 智洋
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 15 巻 12 号 p. 659-662

詳細
抄録

近い将来、人工知能 (AI) が普及し、社会や人間に大きな影響を及ぼすとの見方が出てきている。現在普及し始めている「特化型人工知能」から今後現れる「汎用人工知能」への移行にともなって、第1 次産業革命に匹敵するような経済成長の大分岐が形成され、雇用や働き方に大きな変化が生じるだろう。本稿では、この汎用人工知能が社会に与える影響について、主に経済的な側面から論じていく。

著者関連情報
© 2016 特定非営利活動法人 グローバルビジネスリサーチセンター
前の記事
feedback
Top