赤門マネジメント・レビュー
Online ISSN : 1347-4448
Print ISSN : 1348-5504
経営学輪講
リードユーザーが生み出す製品コンセプトは本当に優れているのか?
経営学輪講Urban and von Hippel (1988)
秋元 創太三富 悠紀井上 剛
著者情報
ジャーナル フリー

16 巻 (2017) 1 号 p. 23-34

詳細
PDFをダウンロード (597K) 発行機関連絡先
抄録

ユーザーイノベーションに関連する研究は、非常に多岐な分野へと広がっている。それに伴って、ユーザーイノベーションを起こせるような先駆的な顧客、所謂リードユーザーの特定が着目されている。本稿では、①はじめてリードユーザーを特定し、②特定したリードユーザーが考案した製品コンセプトを評価するプロセスを構築し、第三者から高い評価を得ることの二つの貢献をした Urban and von Hippel (1988) の解説と評論を試みる。その上で後続の研究を確認し、リードユーザーによって生み出された製品コンセプトが本当に優れているのかについて疑問を提示していく。

著者関連情報
© 2017 特定非営利活動法人 グローバルビジネスリサーチセンター
前の記事 次の記事

閲覧履歴
ジャーナルのニュースとお知らせ
  • AMRは全コンテンツ無料・オープンアクセスのオンライン・ジャーナルです
feedback
Top