赤門マネジメント・レビュー
Online ISSN : 1347-4448
Print ISSN : 1348-5504
査読つき研究論文
脱パッケージ化したソフトウェアの開発
ソフトウェア開発におけるユーザの組織化
藤田 英樹生稲 史彦
著者情報
ジャーナル フリー

4 巻 (2005) 2 号 p. 51-70

詳細
PDFをダウンロード (673K) 発行機関連絡先
抄録

フリーウェア、シェアウェアの開発事例を分析する。これらオンラインソフトの開発では、開発者とユーザがより緊密に直接的な結びつきを持ち、あたかもユーザが開発活動の一端を担っているような現象が観察された。この現象をユーザの組織化と呼ぶことにするが、パッケージング販売を最初から放棄し、流通経路をおもにインターネットに求める「脱パッケージ化」というオンラインソフトにおける意思決定が、単なる流通経路の選択にとどまらず、ユーザの組織化と開発への貢献を引き出し、また、ソフトウェアの完成度がパッケージソフトほどは求められないため、開発・流通のコストが比較的小さくなることが、開発スタイルに劇的な変化をもたらすことを明らかにする。このため、オンラインソフトではバージョンアップのペースとして観察される「開発サイクル」の回転を速めることができ、ソフトウェアの品質やパフォーマンスが一般的なパッケージソフトと比べて格段に速く向上していくのである。

著者関連情報
© 2005 特定非営利活動法人 グローバルビジネスリサーチセンター
次の記事

閲覧履歴
ジャーナルのニュースとお知らせ
  • AMRは全コンテンツ無料・オープンアクセスのオンライン・ジャーナルです
feedback
Top