赤門マネジメント・レビュー
Online ISSN : 1347-4448
Print ISSN : 1348-5504
査読つき研究ノート
内部監査と内部統制報告制度
高橋 伸夫
著者情報
ジャーナル フリー

7 巻 (2008) 10 号 p. 741-756

詳細
PDFをダウンロード (595K) 発行機関連絡先
抄録

2009年3月期本決算から導入される内部統制報告制度は、厳しい罰則をともなうことから、免責を求める経営者の行動を誘発し、企業行動に副作用を及ぼすことも懸念されている。そこで、内部監査、内部統制、内部統制報告制度の概念を整理することで、内部監査人のそもそもの役割――問題のある部分を検査して摘発し、経営者に対して大局的なリスクを示し、指摘・提言を行うこと――について論じる。

著者関連情報
© 2008 特定非営利活動法人 グローバルビジネスリサーチセンター
前の記事 次の記事

閲覧履歴
ジャーナルのニュースとお知らせ
  • AMRは全コンテンツ無料・オープンアクセスのオンライン・ジャーナルです
feedback
Top