赤門マネジメント・レビュー
Online ISSN : 1347-4448
Print ISSN : 1348-5504
コンピュータ産業研究会報告
学界と産業界をブリッジする工学知
Professional Engineering Solution Firm 高付加価値を実現する企業を目指して
服部 正太木村 香代子
著者情報
ジャーナル フリー

7 巻 (2008) 10 号 p. 773-784

詳細
PDFをダウンロード (710K) 発行機関連絡先
抄録

株式会社・構造計画研究所の社会的使命は、学界と産業界とで獲得された工学的知識を融合させて、新たな知財を創造することである。その使命を果たすには総合エンジニアリング企業として学界と産業界との橋渡しとなることが必要である。構造計画研究所は、新規事業を次々と創出していくという役割を担う、創造工学部という部署を築き上げてきた。所員の営業志向が強い、会社の成長から獲得した付加価値増分について大胆な投資配分を行う、独自の人的資源管理システムを開発しているなど、構造計画研究所は一般のソフトウェア企業とは大きく異なる特色を持っている。Professional Engineering Solution Firmとしての構造計画研究所の挑戦は続く。

著者関連情報
© 2008 特定非営利活動法人 グローバルビジネスリサーチセンター
前の記事 次の記事

閲覧履歴
ジャーナルのニュースとお知らせ
  • AMRは全コンテンツ無料・オープンアクセスのオンライン・ジャーナルです
feedback
Top