赤門マネジメント・レビュー
Online ISSN : 1347-4448
Print ISSN : 1348-5504
査読つき研究論文
組織のコーナリング
oractikaによる追試とトレース
高橋 伸夫大川 洋史稲水 伸行
著者情報
ジャーナル フリー

2009 年 8 巻 8 号 p. 433-462

詳細
抄録

高橋伸夫 (1997) の未来傾斜型システムの仮説について追試を行うとともに、特に、組織変革を成功させたX社を毎年度1回ペースで5回にわたって全数調査したデータから各種指標の推移を求めてX社をトレースし、組織としての曲がり角を乗り切った様子を分析し、組織の「コーナリング」の技術について考える。

著者関連情報
© 2009 特定非営利活動法人 グローバルビジネスリサーチセンター
次の記事
feedback
Top