赤門マネジメント・レビュー
Online ISSN : 1347-4448
Print ISSN : 1348-5504
経営学輪講
半導体光露光装置は技術的限界を乗り越えたのか?
経営学輪講Henderson (1995)
田口 洋高橋 伸夫
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 9 巻 8 号 p. 599-606

詳細
抄録

かつて、半導体の光露光装置は、「物理的法則」によって技術的限界を迎えると考えられていたために、次世代技術として、X線や電子ビームを用いた装置の開発が進められていた。しかし実際には、ユーザーの要求や選好の変化、部品性能の向上、および補完技術の進歩によって、光露光装置は「物理的法則」が示していた技術的限界を乗り越え、依然としてドミナント・デザインであり続けているとHendersonは主張する。果たして、本当にそうだったのか?

著者関連情報
© 2010 特定非営利活動法人 グローバルビジネスリサーチセンター
前の記事 次の記事
feedback
Top