脳循環代謝(日本脳循環代謝学会機関誌)
Online ISSN : 2188-7519
Print ISSN : 0915-9401
シンポジウム2 神経保護と神経再生
iN 細胞を用いた新規脳梗塞治療法開発への展望
山下 徹阿部 康二
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 25 巻 2 号 p. 73-76

詳細
抄録

近年,様々な組み合わせの転写因子を強制発現させることによって皮膚線維芽細胞などの体細胞から異なる細胞種を直接誘導するダイレクトリプログラミングの報告が多数されてきている.このダイレクトリプログラミングによって作成されるiN 細胞は,比較的短期間で誘導でき,かつ腫瘍形成のリスクが少ないなど,多くの利点があり注目を集めている.さらに,神経幹細胞を直接的に誘導する技術も発表され,今後,脳梗塞への治療応用が期待されている.

著者関連情報
© 2014 日本脳循環代謝学会
前の記事 次の記事
feedback
Top