日本畜産学会報
Online ISSN : 1880-8255
Print ISSN : 1346-907X
ISSN-L : 1880-8255
技術報告
肥育豚における窒素,リン,カリウム排せつ量原単位の推定
荻野 暁史大森 英之井上 寛暁山下 恭広長田 隆
著者情報
ジャーナル 認証あり

2020 年 91 巻 3 号 p. 281-288

詳細
抄録

最新のデータを用いて,わが国の肥育豚における窒素,リン,カリウムの排せつ量原単位の推定を行った.飼料中の栄養素は,商用のサンプルを収集・分析して測定した他,粗タンパク質(CP)については配合飼料原料使用量と飼料成分値からの推定も行った.飼料として摂取した栄養素と豚体に蓄積した栄養素の差分を栄養素排せつ量とした.その結果,飼料サンプル分析値を用いて推定した肥育豚の窒素,リン,カリウムの排せつ量原単位はそれぞれ,42.7,9.7,12.9g/日/頭であった.窒素およびリンは現行値より大きく,一方カリウムは小さかったが,これは現行値と本研究で推定に用いた飼料中栄養素含量の違いが影響していると考えられた.窒素排せつ量原単位については,飼料中CPを配合飼料原料使用量と飼料成分値から推定した場合は,39.3g/日/頭であり,こちらの方が信頼性は高いと考えられた.

著者関連情報
© 2020 公益社団法人 日本畜産学会
前の記事 次の記事
feedback
Top