日本認知心理学会発表論文集
日本認知心理学会第10回大会
会議情報

ポスター発表1(思考・言語/発達・教育・学習)
2色問題における曖昧性忌避についての再検討
曖昧性の評定に影響を与える要因
*足立 邦子
著者情報
会議録・要旨集 フリー

p. 38-

詳細
抄録

本研究では,Ellsberg (1961)の2色問題のパラダイムにおける曖昧性 (Ambiguity)のみに焦点を当て,コントロール感 (自己選択か他者選択か)の違い,あるいはリスク性との比較の有無によって確率判断にどのような影響を与えるか検討した。曖昧性の評定は,黒赤の分布がわからない,30個:70個の分布ではそれが逆転する結果となった。また黒赤が10個:90個の分布ではコントロール感の効果が現れなかった。リスク性との比較がない場合における曖昧性の評定をベースラインと考えると,比較がある場合の方がそれよりも高い成功確率が期待されたことがわかる。これは比較無知仮説を支持しない証拠を提供するものと考えられる。

著者関連情報
© 2012 日本認知心理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top