日本調理科学会誌
Online ISSN : 2186-5787
Print ISSN : 1341-1535
報文
伝統的凍みもちの物理的特性および食味特性の解明
永嶋 久美子小川 睦美島田 淳子
著者情報
ジャーナル フリー

2011 年 44 巻 6 号 p. 391-399

詳細
抄録

凍みもちは鎌倉時代に端を発し,特に東北地方を中心に日常食として広く食されてきた伝統的保存食品である。
伝統的凍みもちの製造における,凍結・乾燥工程中の内部温度は温度履歴より,凍結・融解を繰り返しながら最大氷結晶生成帯で長時間保持されており,極めて狭い温度帯に限定されていることを明らかにした。乾燥後は水分含量,重量,体積,密度の減少が見られた。乾燥後の伝統的凍みもちの内部組織構造を観察したところ,大小さまざまな空隙が生じ,切りもちとは異なる多孔質構造を有していた。水浸漬後では,密度の変化は見られなかったものの,吸水率は非常に高く,内部組織構造が影響を及ぼしていることが明らかになった。さらに,食味特性においては,伝統的凍みもちは焼成後の軟らかさを維持し,軟らかく,崩れやすいもちであり,切りもちとは明らかに異なる食感を有し,この特徴を長時間保持し得ることが明らかになった。

著者関連情報
© 2011 一般社団法人日本調理科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top