日本調理科学会誌
Online ISSN : 2186-5787
Print ISSN : 1341-1535
炊飯の温度履歴が米飯の化学成分に及ぼす影響
馬橋 由佳大倉 哲也香西 みどり
著者情報
ジャーナル フリー

2007 年 40 巻 5 号 p. 323-328

詳細
抄録

炊飯の昇温期の温度履歴の違いが米飯の化学成分に及ぼす影響を調べた。5種の異なる昇温速度での炊飯では,全糖および還元糖量が昇温速度に応じて増加した。グルコース量は昇温速度が遅くなるにつれ有意に増加したが(p<0.001),フルクトースおよびスクロース量には変化がなかった。総遊離アミノ酸は炊飯によって有意に増加したが(p<0.05),5種の昇温速度に依存した量差はほとんどみられなかった。昇温期に40℃,60℃,80℃ を15分間保持した3種の炊飯においては,特に60℃を維持したもので全糖,還元糖量が増加した。グルコース量は60℃(p<0.001)および80℃(p<0,05)の温度保持で有意に増加し,フルクトースおよびスクロース量には違いがみられなかった。総遊離アミノ酸は,グルコースに比べ量差は小さいものの, 40℃, 60℃の温度保持により有意に増加した(.p<0.05)。

著者関連情報
© 一般社団法人日本調理科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top