臨床リウマチ
Online ISSN : 2189-0595
Print ISSN : 0914-8760
ISSN-L : 0914-8760
総説
関節リウマチ診療における腎合併症
伊藤 孝仁
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 25 巻 1 号 p. 7-13

詳細
抄録

   関節リウマチ(以下RA)は罹病が長期にわたる慢性炎症性疾患であり,RA自体あるいは治療薬のために腎合併症を生じることがある.加齢や併存する高血圧・糖尿病などの生活習慣病もRA患者における腎障害の原因となる.しかし,既存の教科書では腎臓の機能を包括的かつ直感的に理解することが困難で,RA患者の腎合併症に対する早期発見・早期介入を阻害している面がある.本稿ではA機能とB機能という概念を導入して直感的に理解しやすい説明を行った.また,腎機能検査が意味することを整理した.さらに,代表的な腎合併症であるアミロイドーシスを中心に,RA診療中の腎合併症として注意すべき点を整理した.本稿がよりよいRA診療の一助となることを願う.

著者関連情報
© 2013 一般社団法人日本臨床リウマチ学会
前の記事 次の記事
feedback
Top