コンクリート工学論文集
Online ISSN : 2186-2745
Print ISSN : 1340-4733
シラスを混和材として利用したセメント系材料の耐塩害性に関する研究
福永 隆之武若 耕司山口 明伸審良 善和
著者情報
ジャーナル フリー

29 巻 (2018) p. 21-31

詳細
PDFをダウンロード (3456K) 発行機関連絡先
抄録

本研究の目的は,鹿児島県各地に分布するシラスを混和材として利用したセメント系材料の耐塩害性能の評価である。その際,主に,試験前後の生成物の変化や各種塩化物イオン量に着目することにより,シラスを用いた供試体の塩化物イオンとの反応性および塩分浸透特性について明らかにすることを試みた。その結果,シラスを混和した供試体は,塩水浸漬環境下において,シラスの反応率が促進されることを確認した。加えて,塩化物イオン固定化率の上昇および見掛けの拡散係数が低下する結果を得た。これは,シラスを混和することにより,ポゾラン反応生成物が生成され,その水和物によって,内部組織の緻密化および塩化物イオンの固定が起きたためと考察した。また,シラス中の微粒分の含有割合が大きいほどシラスの反応率および耐塩害性能が高いことが示された。

著者関連情報
© 2018 公益社団法人 日本コンクリート工学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top