コンクリート工学論文集
Online ISSN : 2186-2745
Print ISSN : 1340-4733
表面吸水試験を用いたコンクリート床版上面の品質評価方法の検討
小松 怜史田島 涼細田 暁
著者情報
ジャーナル フリー

29 巻 (2018) p. 33-40

詳細
PDFをダウンロード (9488K) 発行機関連絡先
抄録

本研究では,コンクリート床版上面の品質を表面吸水試験(SWAT)で評価する手法を検討した。水セメント比,空気量,セメント種類,養生条件の異なる供試体を製作し,SWATで品質評価を検討するコンクリート床版上面(仕上げ面から5mm程度)が十分乾燥していることを現場で判断する方法を検討した。その結果,市販の水分計(Kett社,HI-100)でカウント値が120(電気抵抗値:約2.6×104kΩ)を下回った時に,仕上げ面から5mm程度が十分乾燥していることが分かった。この条件で,SWAT計測開始から100秒間のコンクリートの累積吸水量を用いて,コンクリート床版上面の品質を評価することを提案した。この評価指標は仕上げ面の微細なひび割れによるコンクリートのスケーリング抵抗性の低下を検出することが可能であった。

著者関連情報
© 2018 公益社団法人 日本コンクリート工学会
前の記事

閲覧履歴
feedback
Top