Drug Delivery System
Online ISSN : 1881-2732
Print ISSN : 0913-5006
特集 “温故知新DDS―30年の歴史と未来―” 編集:水島 徹
企業的観点から見たDDS技術の将来展望
菊池 寛
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 29 巻 1 号 p. 51-63

詳細
抄録

さまざまなDDS(Drug Delivery System)技術が存在し、実際にすでに多くのDDS医薬品が世界で上市され、医療に貢献している。DDS技術は創薬の重要なツールの1つとしての地位を確立したといっても過言ではないし、新薬をなかなか創出しにくくなった昨今では、その重要性がますます高まっている。それぞれのDDSはその特徴に基づいて、長所とともに限界も持っている。DDS医薬品開発を効率的・効果的に進めるためには、各DDS技術の特徴を十分に理解することが重要である。

著者関連情報
© 2014 日本DDS学会
前の記事 次の記事
feedback
Top