日本皮膚科学会雑誌
Online ISSN : 1346-8146
Print ISSN : 0021-499X
ISSN-L : 0021-499X
原著
アトピー性皮膚炎患者の眼圧と顔面へのステロイド外用療法との関連性についての検討
有川 順子檜垣 祐子高村 悦子川島 眞
著者情報
ジャーナル 認証あり

2002 年 112 巻 8 号 p. 1107-1110

詳細
抄録

眼瞼を含む顔面の皮疹が高度で,顔面へのステロイド外用量が5g/月程度のアトピー性皮膚炎患者25人を対象とし,経時的に眼圧の測定を行い,ステロイド外用療法の眼圧への影響を検討した.その結果,開始時に1人(4%)で軽度の眼圧上昇を認めた以外は,7カ月~2年8カ月の観察期間中,眼圧の上昇は認めず,前述の1例ではその後眼圧がさらに上昇することもなかった.より多数例での検討を要するものの,今回の検討からは,顔面へのステロイド外用療法はミディアムクラス5g/月程度の使用量では眼圧上昇の原因にはなりにくいと考えられた.

著者関連情報
© 2002 日本皮膚科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top